古河林業で後悔?坪単価や良い評判、悪い口コミと注文住宅・建売・平屋の価格

promotion

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでしまった)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。



はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件良く高品質の住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては1,000万円以上の大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物。 一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめて下さい

「情報収集しすぎ」と家族や友人に言われるくらいで丁度良いのです。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いでしょう。

そんな背景もあり、昨今では、条件にあった住宅メーカーにまとめて資料請求を依頼できる「一括カタログサイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

①SUUMO

不動産最大手ポータルサイトSUUMOが運営。独自のネットワークを活かし全国の地域に特化した工務店の資料を取り寄せることが出来る。坪単価も安く高品質な工務店が多いのが特徴。

②HOME4U家づくりのとびら

信頼の「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選されたハウスメーカーを中心にカタログ請求できる。自分たちだけの家づくりプランも完全無料で作ってくれるのは非常に大きなメリット。1度は必ず利用したい。

③LIFULL HOME’S 東証プライム上場企業「LIFULL」が運営。SUUMOと2強の大手不動産ポータルサイトだけあり、厳しい審査を通過した住宅メーカーのみが加盟。特にローコスト住宅に強く、ローコスト住宅も検討したい方におすすめ。

この3サイトはどれも、日本を代表する大手企業が運営しているため審査が非常に厳しく悪質な住宅メーカーに当たるリスクを避ける事ができます。

また、カタログを取り寄せたからといって無理な営業もなく気軽に利用でき非常にメリットが大きいサービスです。

3サイトの中でどれか1つ使うなら、

MEMO
工務店をメインに探したい方は・・・SUUMO

ハウスメーカーにこだわりたい方は・・・家づくりのとびら

ローコスト住宅をメインで考えている方は・・・LIFULL HOME’S
を使っておけば間違いないでしょう。

また、より慎重に絶対に失敗したくない方は絶対に工務店、絶対にハウスメーカーと決めつけずに1社でも多くの会社から資料を取り寄せてしまいうのがおすすめです。

「ハウスメーカーで考えていたけど、工務店の方が理想な家づくりが出来るし高品質だった」

「工務店で考えていたけど、意外と安く建てられる思いもよらないハウスメーカーと出会えた」

このような事は非常に多くあります。

また、なるべく多くの会社で資料を取り寄せることでメーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

後から取り返しのつかない後悔をしないよう、家を建てるときには面倒くさがらず1社でも多くのカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

MEMO
SUUMO・・・工務店のカタログ中心
家づくりのとびら・・・ハウスメーカーのカタログ中心
LIFULL HOME’S・・・ローコスト住宅のカタログ中心

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒


【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒


【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

古河林業は、伊勢ヒノキや北海道・岩手県産のカラマツ、青森ヒバなど、厳選した国産の優良木材を使用し、完全自由設計の注文住宅を提供しています。

また、木造軸組工法とモノコック構造を組み合わせることで、優れた耐震性や耐久性を実現し、自社一貫体制によりコストパフォーマンスを高めています。

ただし、古河林業を検討中で、「口コミや評判は?後悔しない?」「坪単価や特徴は?」など疑問を持っている方もいるでしょう。

結論から、先にお伝えするとネット上に一部の悪い口コミはどんな会社にも必ずあるもの。

古川林業は良い住まいを提供している会社です。

この記事では、古河林業の良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、アフターサポートなどについて詳しく解説します。

記事を読むことで、古河林業についての理解が深まり、自分に合ったハウスメーカーを見極める際に役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

古河林業で後悔?家を建てた人の良い評判と悪い口コミ

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

ここでは、古河林業の良い評判や悪い口コミについて見ていきましょう。

古河林業で家を建てた人の良い口コミ・評判

ライオン先生

のびのびと子育てをしたくてマイホーム購入を考え始めました。

古河林業に決めたのは、高品質な木造住宅を建てられるからです。

国産材100%で完全自由設計、耐震性なども良いというのは理想どおりでした。

担当者や建築士の方も親切で、親身に相談に乗ってくれました。

実際に住んでみて、木の香りがとても良く室内の温度もとても快適です。

LDKには吹き抜けがあるので、とても明るく開放感があります。

造り付けカウンターがあるキッチンもお気に入りで、キッチンの壁にはタイルを施しました。

土間には木調ルーバーを設置し、どこでも木を感じられるようにしています。

何度も打ち合わせを重ねたおかげもあり、理想のマイホームとなりました。

ライオン先生

いくつかモデルハウスを見て回って、国産材を使っていて、性能も良かったので古河林業を選びました。

自然素材がふんだんに使われていて、とても魅力的でした。

私達の要望をしっかりと理解してプランを作ってくださり感謝しています。

何度も質問しましたが、嫌な顔ひとつせず対応してくださいました。

木の香りが良くてとても癒やされます。

冬もそこまで寒さを感じないので過ごしやすいです。

ライオン先生

間取りの自由度が高く、国産材を100%使用していて予算の範囲内だったので、古河林業で家を建てることにしました。

テレワークができるスペースもつくり、漆喰仕上げにしてもらいました。

自然素材が多いからか、家の中がとても心地よいです。

シューズクロークやウォークインクローゼットがあるので、収納スペースも十分です。

アイランドキッチンの使い勝手が良く、毎日の料理時間がとても楽しいです。

ライオン先生

元々、木造住宅を希望していました。

3社ほどハウスメーカーを見て回り、使っている素材が良く、担当の人も親切だったので古河林業さんを選びました。

無垢材の肌触りや雰囲気がとても、あたたかみがあります。

リビングの横には和室を設けたのですが、琉球畳がとても良い感じです。

勾配天井や見せ梁も気に入っています。

ライオン先生

予算内で自分たちが求める家づくりができたので、古河林業にしました。

良質な木材を使っていて、耐震性や断熱性なども優れています。

漆喰の壁はとても雰囲気が良く、ウォルナットの床材は高級感があります。

折り上げ天井の梁もお気に入りポイントです。

保証も長期間なので安心です。

対応してくれた営業の方や建築士の方は、感じが良く、丁寧に説明してくださったので安心して進めることができました。

ライオン先生

ヒノキなどを使っていて木のぬくもりがあり、モデルハウスの雰囲気が良かったことが決め手です。

暑さや寒さを感じにくく、空気もきれいでとても快適です。

玄関も広く、水まわりも使いやすいと感じています。

価格は安いわけではなかったですが、とても満足のいく家が完成しました。

やばい?古河林業で家を建てた人の悪い口コミ・評判

ライオン先生

古河林業で使っている木材などは良いと思います。

ただ、価格はそんなに安くなく、家づくりを進める中で、どんどん高くなっていきます。

あと、冬は普通に寒いですし、夏は特に2階が暑いです。

ライオン先生

家に大きな不満や欠陥などのトラブルもありませんが、担当の人の対応が遅いことが何度かあったので、その点が残念でした。

ライオン先生

家のデザインがあまり良くないと思います。知人も同じことを言っていました。

性能や設備については、特に不満はありません。

やばいと感じるような対応などもなく、担当者は親切でした。

外観や内装のデザインがもっと良くなれば、大満足です。

ライオン先生

家はそれなりに良いと思います。

国産材を使っていて、性能も悪くありません。

ただ、思ったより高かったです。

それと、長期保証がありますが、有料の工事をしないと保証期間は延長されないので注意してください。

ライオン先生

もっと打ち合わせのときに、詳細を教えてくれたらよかったです。

そうすれば、もっと満足のいく間取りになっていたと思います。

あと、担当の人に質問をしても、こちらが欲しいような回答が来なかったことがあります。

ライオン先生

古河林業の家に住んでいて、「最悪」と感じるようなことは今のところありません。

あとは、もう少しオーナー向けのイベントや保証が充実したら良いと思います。

古河林業には、「良質な木材を使用している」「100%国産材を使っている」「性能が良い」「担当者が親切」などの良い評判が見られますが、一方で「対応が遅かった」「思ったより暑いし寒い」「価格は安くない」といった悪い口コミもあります。

担当者などの対応が遅いと感じる場合は、そのことを直接本人に伝えるより、事務所に連絡したほうが状況の改善が期待できます。

断熱性や気密性が優れている住宅でも、特に真夏や真冬は暑さや寒さを感じることがありますので注意が必要です。

室温などはモデルハウス見学時に確認しておくことが重要です。

また、古河林業の価格帯は平均的な水準であるため、安くはありません。

このような評判や口コミがあることも考慮して、ハウスメーカー選びをすることが重要です。

古河林業の坪単価は60万円〜90万円

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

古河林業の公式サイトには坪単価は掲載されていませんが、口コミや商品情報をもとに推測すると、坪単価は60万円〜90万円程度になると考えられます。

この価格帯は、ハウスメーカーの中では平均的な水準です。

例えば、建物の延床面積が30坪で、坪単価が60万円〜90万円の場合、建築費用はおおよそ1,800万円〜2,700万円程度になります。

以下は、坪数別の建築費用の一覧です。

坪数建築費用の目安
25坪1,500万円〜2,250万円
30坪1,800万円〜2,700万円
35坪2,100万円〜3,150万円
40坪2,400万円〜3,600万円

※実際の金額とは異なる場合があります。

また、家を建てる際には、坪単価の他に土地の購入費用、諸費用、付帯工事費、オプション費用などが発生します。

これらの費用も考慮に入れて、資金計画を立てることが重要です。

【商品別】古河林業の坪単価と特徴、総額をシミュレーション

注文住宅(完全自由設計):予想坪単価60万円〜90万円程度

出典:古河林業

古河林業は、完全自由設計の注文住宅を提供しています。

経験豊富な設計士が、建てる人の理想や条件にもとづいた魅力的なプランを提案。

また、自社一貫体制で国産材を100%使用し、無垢の木など自然素材を豊富に取り入れた家づくりが可能です。

耐震性や耐久性、断熱性などが優れており、設計住宅性能評価書と建設住宅性能評価書の両方を取得しています。

予想坪単価は60万円〜90万円程度です。

SUMICOCOCHI(スミココチ):予想坪単価60万円〜90万円程度

出典:古河林業

「SUMICOCOCHI」は、古河林業の人気の自然素材や仕様を取り入れたカスタムオーダー住宅です。

構造材には、すべて国産材を使用しています。

外壁は24色の中から選択可能であり、耐候性や防汚性の高い製品を採用。

内壁には漆喰、床は無垢材で仕上げられています。

コストパフォーマンスの高い商品です。

古河林業の平屋の特徴と価格帯

古河林業では、2階建てだけでなく、平屋も建てることが可能です。

自社一貫体制で完全自由設計の注文住宅を提供し、理想の平屋を実現できます。

国産材を使用し、耐震性や耐久性、断熱性などが優れた家づくりが可能です。

平屋は階段を上り下りする必要がないため、高齢になっても安心して暮らすことができます。

また、間取りが比較的コンパクトなので家事の動線がスムーズです。

予想坪単価は60万円〜です。

古河林業は安い?高い?買うべきかをプロが解説

古河林業の坪単価は60万円〜90万円程度で、ハウスメーカーの中では平均的な価格帯です。

ただし、完全自由設計に対応しており、100%国産材を使用し、柱・梁・土台はすべて4寸の骨太構造です。

伊勢ヒノキ、北海道・岩手県産カラマツ、青森ヒバ、秋田杉など、厳選した国産優良木を採用。

木造軸組工法とモノコック構造を融合させ、ベタ基礎やスーパー格子床構造を採用することで、優れた耐震性を実現しています。

さらに、加工から引き渡しまでの一貫体制を取ることで、余分なコストを削減しています。

このような特徴から、古河林業は「高品質な木造住宅を建てたい」「耐震性や耐久性に優れた家を建てたい」といった方に、特に魅力的な選択肢となるでしょう。

ただし、古河林業に決める前に複数のハウスメーカーと比較することをおすすめします。

比較することで、より条件に合ったメーカーを見つけることができるかもしれません。

古河林業で家を建てるのに必要な他の費用

古河林業で注文住宅を建てる場合、坪単価60万円〜90万円の費用に加えて、土地購入費、付帯工事費、諸費用、オプション費用などが発生します。

そのため、これらの費用も考慮して資金計画を立てることが重要です。

各費用の内容は、次のとおりです。

  • 土地購入費用:注文住宅を建てるために必要な土地を取得する費用
  • 付帯工事費:地盤改良工事、ガス工事、電気工事、外構工事などにかかる費用
  • 諸費用:不動産取得税、登録免許税、印紙代、保険料、事務手数料などを含む費用
  • オプション費用:標準仕様からオプション仕様に変更する際にかかる費用

これらの費用の見積もりを早い段階で確認することが重要です。

古河林業のアフターサービスと保証

  • 24時間コールシステム:古河林業は24時間体制のコールシステムを提供しています。
    住まいに関する疑問や困ったことがあれば、いつでも問い合わせや相談が可能です。
    台風などの災害時には、対策本部が設置されるなど、安心のサポート体制が整っています。
  • 最長50年の長期点検:古河林業では、建物の引き渡しから40年後まで、構造躯体の無料点検サービスを提供。
    点検は、引き渡し後6ヶ月、2年、10年、15年、20年、30年、40年のタイミングで行われます。
    さらに、有償メンテナンスを受けると、無料点検の期間が10年間延長されます。
    また、構造躯体以外の部分についても、30年間無料点検を実施。
    有償メンテナンスを実施すると、この期間も30年間延長されます。

古河林業の実例

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

実例1

出典:suumo

外壁には、異なる色調のタイルが使用。

寝室にはウォークインクローゼットが完備され、ウォールナットの無垢床が上品な雰囲気を醸し出しています。

また、LDKには引き込み式の扉が設けられており、開放感があります。

実例2

出典:suumo

建物の外観デザインは個性的で、存在感があります。

玄関にはシューズクロークが備えられており、靴や傘、ベビーカーなどの収納が可能です。

また、和室には琉球畳や杉の天井が施されています。

実例3

出典:suumo

外観デザインは、ガルバリウム鋼板に板張りでアクセントを加えたものです。

室内は白を基調とし、キッチンにはアイランドタイプが採用されています。

勾配天井の太鼓梁が魅力的です。

古河林業の対応地域

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 栃木県
  • 三重県
  • 宮城県

古河林業のショールーム・住宅展示場一覧

  • 瀬田展示場
  • 石神井展示場
  • 江戸川展示場
  • 特販部 丸の内ギャラリー
  • 古河庭園店
  • 武蔵野展示場
  • 立川展示場
  • 八王子展示場
  • 古淵展示場
  • 横浜第一展示場
  • 横浜第二展示場
  • 海老名展示場
  • 藤沢展示場
  • 新・川崎展示場
  • 上尾展示場
  • 川口展示場
  • 幕張展示場
  • 松戸展示場
  • 小山展示場
  • 四日市展示場
  • 仙台展示場など

古河林業で家を建てるメリット

  • 完全自由設計:古河林業の注文住宅は完全自由設計です。
    経験豊富な設計士や専属大工が、理想の家づくりをサポートします。
    間取りや性能、素材などを自由にデザインでき、世界にひとつだけの住宅を実現できます。
  • 厳選した国産優良木を使用:古河林業は、伊勢ヒノキや北海道・岩手県産カラマツ、秋田杉、伊勢ヒノキなどの国産優良木を採用しています。
    日本の風土に合う国産材を適材適所に使用しています。
  • 自社一貫体制:古河林業は、木材の生産から加工、施工、引き渡しまでを自社一貫体制で家づくりを行っています。
    これにより、余計な流通コストやマージンを削減でき、コストパフォーマンスの高い住宅を提供しています。
  • 優れた耐震性と耐久性:古河林業の住宅は、木造軸組工法とモノコック構造を組み合わせています。
    さらに、スーパー格子床構造やベタ基礎を採用し、柱・梁・土台は4寸構造です。
    これにより、優れた耐震性や耐久性を実現しています。
  • 長期優良住宅の基準をクリア:古河林業の住宅は性能が優れており、長期優良住宅の基準を満たしています。
    また、住宅性能表示においても、「構造の安定性」や「劣化の軽減」などの基準を標準仕様でクリアしています。
  • 最長50年の長期点検:古河林業では、構造躯体50年保証システムを提供しています。
    建物引き渡し後40年目までの間、無料で定期点検が行われ、有償メンテナンスを受けることで保証期間が10年間延長されます。
    長期間にわたり定期点検を受けることができ、自宅の問題点を早期に発見することが可能です。

古河林業で家を建てるデメリット

  • 全国エリアには対応していない:古河林業が対応可能なエリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、三重県、宮城県などです。
    全国エリアに対応している大手ハウスメーカーとは異なるため、希望するエリアによっては対応できない場合があります。
  • 取り扱うのは木造住宅のみ:古河林業は、伊勢ヒノキや北海道・岩手県産カラマツなどの国産優良木を使用した木造住宅を提供していますが、鉄筋コンクリート造(RC造)の住宅は取り扱っていません。
    そのため、鉄筋コンクリート造の住宅も検討している方は、不満に感じる可能性があります。
  • 商品ラインナップが少ない:古河林業が提供する商品は、完全自由設計の注文住宅とカスタムオーダー住宅「SUMICOCOCHI」の2種類です。
    5〜6種類以上の商品を提供しているハウスメーカーもある中で、2種類というのは比較的少なめです。
    そのため、多くの選択肢からニーズに合ったものを選びたい方にとっては、やや不満に感じるかもしれません。

古河林業の会社概要

  • 会社名:古河林業株式会社
  • ブランド名:古河林業
  • 創業:明治8年(1875年)
  • 住所:東京都千代田区大手町2-6-4 常盤橋タワー
  • 問い合わせ先:03-3201-5061
  • 公式HP:https://www.furukawa-ringyo.co.jp/

結論:古河林業は買うべき?やめた方がいい?

古河林業は、良質な木材を使用した木造住宅を検討している方にとって、魅力的な選択肢です。

伊勢ヒノキや北海道・岩手県産のカラマツ、青森ヒバなどの厳選された国産木材を活用し、耐震性や耐久性に優れています。

また、完全自由設計で理想の住まいを実現でき、24時間コールシステムや構造躯体50年保証などのアフターサポートも提供されています。

ただし、古河林業を選ぶ前に、複数のハウスメーカーと比較することが大切です。

比較することで、自分に最適な選択肢を見つけることができます。

2〜3社以上のハウスメーカーを比較し、自分のニーズに合った理想の住まいを実現しましょう。

まとめ

この記事では、古河林業の良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、アフターサポートなどについて解説しました。

古河林業には、「良質な木材を使用している」「100%国産材を使っている」「性能が良い」などの良い評判が見られます。

しかし一方で、「対応が遅い」「思ったより暑いし寒い」といった悪い口コミもあります。

ハウスメーカーを選ぶ際は、特徴や費用、保証・アフターサポートなどに加えて、口コミや評判も考慮することが重要です。

また、複数のハウスメーカーを比較して選ぶことも大切です。

古河林業に興味がある方は、ぜひモデルハウスを見学し、高品質な木造住宅を実際に確かめてみましょう。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /