はなまるハウスはなぜ安い?坪単価や良い評判、悪い口コミと注文住宅・建売・平屋の価格

promotion

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでしまった)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。



はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件良く高品質の住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては1,000万円以上の大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物。 一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめて下さい

「情報収集しすぎ」と家族や友人に言われるくらいで丁度良いのです。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いでしょう。

そんな背景もあり、昨今では、条件にあった住宅メーカーにまとめて資料請求を依頼できる「一括カタログサイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

①SUUMO

不動産最大手ポータルサイトSUUMOが運営。独自のネットワークを活かし全国の地域に特化した工務店の資料を取り寄せることが出来る。坪単価も安く高品質な工務店が多いのが特徴。

②HOME4U家づくりのとびら

信頼の「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選されたハウスメーカーを中心にカタログ請求できる。自分たちだけの家づくりプランも完全無料で作ってくれるのは非常に大きなメリット。1度は必ず利用したい。

③LIFULL HOME’S 東証プライム上場企業「LIFULL」が運営。SUUMOと2強の大手不動産ポータルサイトだけあり、厳しい審査を通過した住宅メーカーのみが加盟。特にローコスト住宅に強く、ローコスト住宅も検討したい方におすすめ。

この3サイトはどれも、日本を代表する大手企業が運営しているため審査が非常に厳しく悪質な住宅メーカーに当たるリスクを避ける事ができます。

また、カタログを取り寄せたからといって無理な営業もなく気軽に利用でき非常にメリットが大きいサービスです。

3サイトの中でどれか1つ使うなら、

MEMO
工務店をメインに探したい方は・・・SUUMO

ハウスメーカーにこだわりたい方は・・・家づくりのとびら

ローコスト住宅をメインで考えている方は・・・LIFULL HOME’S
を使っておけば間違いないでしょう。

また、より慎重に絶対に失敗したくない方は絶対に工務店、絶対にハウスメーカーと決めつけずに1社でも多くの会社から資料を取り寄せてしまいうのがおすすめです。

「ハウスメーカーで考えていたけど、工務店の方が理想な家づくりが出来るし高品質だった」

「工務店で考えていたけど、意外と安く建てられる思いもよらないハウスメーカーと出会えた」

このような事は非常に多くあります。

また、なるべく多くの会社で資料を取り寄せることでメーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

後から取り返しのつかない後悔をしないよう、家を建てるときには面倒くさがらず1社でも多くのカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

MEMO
SUUMO・・・工務店のカタログ中心
家づくりのとびら・・・ハウスメーカーのカタログ中心
LIFULL HOME’S・・・ローコスト住宅のカタログ中心

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒


【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒


【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

はなまるハウスは、東証プライム上場企業であるケイアイスター不動産グループが運営しているハウスメーカーです。

手ごろな価格とわかりやすい定額制を特徴とし、100パターン以上のプランが提供されています。

しかし、はなまるハウスを検討中で、「良い評判や悪い口コミは?」「坪単価や他社との違いは?」など疑問を抱えている方もいるでしょう。

結論から、先にお伝えするとネット上に一部の悪い口コミはどんな会社にも必ずあるもの。

はなまるハウスは良い住まいを提供している会社です。

この記事では、はなまるハウスの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、保証などについて詳しく解説します。

記事を通じて、はなまるハウスの特徴や実際の利用者の評価を理解することができます。

自分に合ったハウスメーカーを選ぶ際の参考にしてください。

はなまるハウスはやばい?家を建てた人の良い評判と悪い口コミ

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

ここでは、はなまるハウスの良い評判と悪い口コミについて見ていきましょう。

はなまるハウスで家を建てた人の良い口コミ・評判

ライオン先生

知人にはなまるハウスを紹介してもらいました。

最初は、「マイホームなんて高くて無理」と思っていましたが、モデルハウスで話を聞いてシミュレーションしてもらったら、無理のない範囲で購入できることがわかりました。

定額制でわかりやすく、間取りプランやカラースタイルも豊富です。

担当の人の対応も良くて、説明もわかりやすかったです。

[say name="ライオン先生" img="https://azway.co.jp/media/wp-content/uploads/2020/05/lionmarul.png"]

賃貸の家賃がもったいなくてマイホームを検討し始めました。

そして、価格が安く、広さや間取りも良かったので、はなまるハウスに決めました。

モデルハウスの雰囲気も良かったです。

風通しや日当たりが良くて、部屋の広さも十分です。

いろんな設備もついていて、特に大きな不満もありません。

ライオン先生

複数のハウスメーカーを見て回りましたが、価格が安くコストパフォーマンスが良いと思ったのがはなまるハウスでした。

坪数ごとに価格が決まっていてわかりやすく、坪単価も安い部類に入ります。

毎月の住宅ローン返済額は、賃貸のころの家賃より安く済みます。

ウォークインクローゼットやリビング隣の和室、広めの駐車場など、とても気に入っています。

ライオン先生

坪数やプランを選ぶだけなので、比較的簡単に家づくりを進めることができました。

価格が安くて、マイホーム購入のハードルが低かったので助かっています。

それでいて、いろんな設備もついています。

担当の人も説明が丁寧で、こちらの質問にもしっかりと答えてくれました。

ライオン先生

はなまるハウスを選んで良かったことは、価格が安く経済的負担を抑えられることです。

オプションをつけても、他のハウスメーカーより安く済みました。

家の中はとても広いわけではありませんが、コストパフォーマンスが良いと思います。

ライオン先生

ローコストの値段がとても魅力的でした。

間取りやカラーを選べて、価格も決まっているのも良かったです。

標準装備も悪くないと思います。

リビングも思ったより広いですし、収納も十分に備わっています。

ライオン先生

いくつかの住宅メーカーを検討しましたが、価格の安さと性能のバランスではなまるハウスを選びました。

土地代やオプション費用などもかかりますが、それでも安いと思います。

マイホームを購入するのは難しいと思っていましたが、はなまるハウスは安くて定額制なので、実現できました。

ライオン先生

坪数で価格が決まっていてプランも多く、安いのではなまるハウスさんに決めました。

担当者の説明もわかりやすく、丁寧にサポートしてくださいましたので、とても助かりました。

価格が安ければ毎月の支払いも少なくて済みますし、その分他のことにお金を使えるのでとても満足しています。

やばい?はなまるハウスで家を建てた人の悪い口コミ・評判

ライオン先生

はなまるハウスの家は価格は安いが、性能や設備も相応のものだと思う。

なので、グレードの良い仕様や設備を求めている人には物足りなさがあるし、設備も安っぽく見える。

ライオン先生

安くマイホームを持つならおすすめのハウスメーカーだと思いますが、設備など妥協しないといけないことも多いです。

住んでいて、最悪と感じることや欠陥などはありませんが、やはり価格相応だと感じます。

ライオン先生

値段は坪数ごとに決まっていますが、その値段で家が建つわけではありません。

土地代やオプション費用などもかかるので、結局、数百万円はプラスでかかる。

それでも、やばいくらい高いわけではないですが、思ったよりお金がかかります。

ライオン先生

担当スタッフの対応や連絡が遅いことがありました。

あと、いろんな費用が追加でかかるので、ホームページやチラシに載っている金額では購入できません。

保証期間がもっと長ければ良いと思います。

ライオン先生

いろんな費用はかかりますが、それでも安い方だと思います。

でも、網戸までオプションとは思いませんでした。

断熱性や耐震性が良いかどうかはわかりません。

冬は、家の中が普通に寒いです。

ライオン先生

価格は1,000万円以下でしたが、諸費用やオプション工事など合わせると、結構高くなります。

他のハウスメーカーを見学した後だと、特に設備が安っぽく感じます。

なので、住んでいて上質な雰囲気などはほとんど感じません。

価格は魅力的なのかもしれませんが、仕様も価格相応です。

ライオン先生

住んでいて不満に感じることは、設備が安く見えることです。

機能も最低限だと感じます。

値段が安いので仕方がないことではありますが、もう少し設備のグレードが高ければ嬉しかったです。

はなまるハウスには、「価格が安い」「間取りプランが豊富」「担当者の対応が丁寧」といった良い評判もあれば、「ホームページの価格では購入できない」「設備が安っぽい」などの悪い口コミも見られます。

はなまるハウスは定額制を採用しており、ホームページに価格を公開していますが、土地代やオプション費用、諸費用などが別途かかります。

そのため、総費用を事前にシミュレーションしておくことが重要です。

また、他のローコストハウスメーカー同様に、価格が安い分、設備のグレードが低くなる傾向があります。

このような評判や口コミも踏まえて、自分に合ったハウスメーカーかどうかを判断することが重要です。

はなまるハウスの坪単価は34万円〜50万円

はなまるハウスは定額制となっており、坪数と価格を公式サイトに掲載しています。

この情報をもとに坪単価を計算すると、以下のようになります。

プラン・坪数価格(税込)坪単価
はなまるプラン(25坪)870万円約34万円
19坪940万円約50万円
24坪1,058万円約44万円
25坪1,060万円約42万円
27坪1,078万円約39万円
29坪1,111万円約38万円
32坪1,168万円約36万円
35坪1,268万円約36万円
40坪1,420万円約35万円
45坪1,598万円約35万円

※実際の金額とは異なる場合があります。

はなまるハウスの坪単価は、34万円〜50万円程度です。

この価格帯は、ハウスメーカーの中では比較的安価な部類に入ります。

ただし、家を建てる際には、坪単価の他に諸費用や付帯工事費、土地購入費用、オプション費用などもかかるため注意が必要です。

【商品別】はなまるハウスの坪単価と特徴、総額をシミュレーション

はなまるハウスは、定額プランの規格型注文住宅を提供しています。

坪数ごとに価格が明確に設定されているため、安心して家づくりを進めることができます。

以下は、坪数と価格の一覧です。

坪数価格
はなまるプラン(25坪)870万円
19坪940万円
24坪1,058万円
25坪1,060万円
27坪1,078万円
29坪1,111万円
32坪1,168万円
35坪1,268万円
40坪1,420万円
45坪1,598万円

さらに、100パターン以上のプランが用意されているため、自分にぴったりの間取りを見つけることができます。

例えば、32坪タイプでは、14種類の間取りプランから選択することが可能です。

また、耐震性や断熱性を高めるために、ベタ基礎や防蟻処理、金物施工、剛床工法、グラスウール断熱材、Low-E複層ガラスなどを採用しています。

坪単価は34万円〜50万円程度です

はなまるハウスの平屋の特徴と価格帯

はなまるハウスは、平屋を建てることも可能です。

平屋に対応したタイプは、以下のとおりです。

  • 19坪タイプ:940万円
  • 24坪タイプ:1,058万円

提供されている間取りプランは、「19坪タイプ」が5つ、「24坪タイプ」が6つあります。

平屋の特徴は、2階建てと異なり階段を上り下りする必要がなく、家事の動線がスムーズであることです。

はなまるハウスは安い?高い?買うべきかをプロが解説

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

はなまるハウスの坪単価は34万円〜50万円程度であり、ハウスメーカーの中では比較的安価です。

例えば、はなまるプラン(25坪)は870万円です。

はなまるハウスの建物は耐震性や断熱性を向上させるために、ベタ基礎や剛床工法、グラスウール断熱材、Low-E複層ガラスなどを採用しています。

そのため、価格を重視する方や定額制のハウスメーカーを探している方にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

ただし、価格が安いからといって、すぐにはなまるハウスに決めるのではなく、複数のハウスメーカーを比較することが大切です。

複数のハウスメーカーを比較することで、より自分に合った選択ができる可能性があります。

はなまるハウスで家を建てるのに必要な他の費用

はなまるハウスを含め、ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合、坪単価の他に諸費用や付帯工事費、土地購入費用、オプション費用なども考慮する必要があります。

各費用の内容は、以下のとおりです。

  • 諸費用:事務手数料、火災保険料、登録免許税、不動産取得税、印紙税、司法書士報酬などを含む費用
  • 付帯工事費:外構工事、ガス工事、電気工事、地盤改良工事、地盤調査などにかかる費用
  • 土地購入費用:土地を購入する際にかかる費用
  • オプション費用:標準仕様から変更する際にかかる費用

坪単価だけでなく、これらの費用も考慮して資金計画を立てることが重要です。

各費用の見積もりを、できるだけ早めに確認しておくことをおすすめします。

はなまるハウスのアフターサービスと保証

  • 無料の定期点検:はなまるハウスでは、引き渡し後に無料点検を実施しています。
    2年目には短期保証点検、5年目にはシロアリ点検などが行われます。
    これにより、住宅の問題点を早期に発見することが可能です。
    指定の有償メンテナンス工事を行うと、点検期間が10年間延長されます。
  • 最長30年間保証:はなまるハウスの住宅には、最長30年間の保証が備わっています。主な保証内容は、以下のとおりです。
    ・構造躯体の保証:基礎、柱、梁、壁などの構造躯体や雨水の侵入を防ぐ部分に関する保証期間は10年です。
    指定の有償メンテナンス工事を実施することで、最長30年まで延長可能です。
    ・シロアリ保証:シロアリによる被害に対する保証期間は5年間です。
    ・地盤保証:家が建っている部分の地盤の品質を保証します。保証期間は最長20年間です。
  • カスタマーサービス:はなまるハウスは、入居者向けにカスタマーサービスを提供しています。
    自宅に関する問題や疑問があれば、電話やメールで気軽に相談できます。
  • はなまるオーナーズクラブ:「はなまるオーナーズクラブ」は、オーナー専用のコンテンツで、日常生活に役立つ情報を提供しています。
    主な情報は、以下のとおりです。
    ・防災
    ・暮らし
    ・メンテナンス
    ・イベント
    ・優待・お得情報
    また、紹介や口コミ投稿などによって独自のポイントが貯まり、そのポイントに応じて会員ランクが決まり、ギフトカードがもらえます。
    例えば、10万ポイント以上でダイヤモンドランクに達すると、年に6回、5,000円相当のギフトカードを受け取ることができます。

はなまるハウスの実例

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

実例1

出典:suumo

白を基調としたスクエアタイプで、シンプルな外観デザイン。

リビングには大きな窓があり、日差しが差し込み、明るく開放的な雰囲気です。

キッチンは対面式で、リビングから子供の様子を見ながら料理をすることができます。

実例2

出典:suumo

室内は全体的に白を基調としていて、リビング・ダイニングは広々としており、キッチンは対面式になっています。

脱衣所は十分なスペースがあり、洗面化粧台には豊富な収納が備わっています。

はなまるハウスの対応地域

  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 福岡県
  • 佐賀県

はなまるハウスのショールーム・住宅展示場一覧

  • 本庄営業所
  • 加須営業所
  • 伊勢崎営業所
  • 前橋営業所
  • 高崎営業所
  • 太田展示場
  • 宇都宮展示場
  • 小山展示場
  • 土浦営業所
  • 小倉営業所
  • 福津展示場
  • 中間展示場
  • 直方営業所

はなまるハウスで家を建てるメリット

  • 東証プライム上場企業グループが運営:はなまるハウスは、東証プライム上場企業であるケイアイスター不動産グループが運営しているため、安心感があります。
  • 価格が安い:はなまるハウスの坪単価は、34万円〜50万円程度で、ハウスメーカーの中では比較的安価な部類に入ります。
    価格が安いため、住宅ローンの負担も軽減できます。
  • 定額制でわかりやすい:はなまるハウスでは、坪数に応じて価格が決まる定額制を採用しています。
    例えば、25坪は1,060万円、29坪は1,111万円です。
    さらに、100パターン以上のプランが用意されており、理想の間取りを見つけることができます。
  • 会員ランクに応じてギフトカードがもらえる:はなまるハウスは、SNSや口コミサイトへの投稿、紹介などにより独自のポイントが貯まるオーナー向けの特典を提供しています。
    これらのポイントに応じて会員ランクが決まり、ランクに応じて最大3万円分のギフトカードがもらえます。

はなまるハウスで家を建てるデメリット

  • 対応できるエリアが限られている:はなまるハウスが展開しているのは、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、福岡県、佐賀県です。
    全国展開しているわけではないため、はなまるハウスを検討している場合でも、地域によっては対応が難しい場合があるため注意が必要です。
  • 設備や仕様が安っぽく見える場合がある:はなまるハウスは坪単価が34万円〜50万円程度であり、ハウスメーカーの中では比較的安価です。
    ただし、コストを抑えるために設備や仕様のグレードが低い傾向があり、安っぽく見える場合があります。
    他のローコストハウスメーカーにも言えることですが、事前に理解した上で選択することが重要です。
  • 保証期間が短い:はなまるハウスは最長30年間の保証を提供していますが、一部のハウスメーカーは最長で50年から60年の保証を提供しています。
    そのため、他のハウスメーカーと比べると、はなまるハウスの保証期間はそれほど長くはありません。

はなまるハウスの会社概要

  • 会社名:はなまるハウス株式会社
  • ブランド名:はなまるハウス
  • 住所:群馬県伊勢崎市茂呂町1-408-7
  • 問い合わせ先:0270-30-1688
  • 公式HP:https://870house.jp/

結論:はなまるハウスは買うべき?やめた方がいい?

はなまるハウスは、価格を重視する方におすすめのハウスメーカーです。

坪単価は坪単価は、34万円〜50万円程度で、ハウスメーカーの中では比較的安価な部類に入ります。

また、わかりやすい定額制を採用しており、100パターン以上のプランが提供されています。

そのため、予算を抑えたい方にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

ただし、自分に最適なハウスメーカーを選ぶためにも、複数社で比較検討することをおすすめします。

まとめ

この記事では、はなまるハウスの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、保証などについて解説しました。

はなまるハウスには、「価格が安い」「間取りプランが豊富寧」といった良い評判や、「ホームページの価格では購入できない」「設備が安っぽい」などの悪い口コミがあります。

ハウスメーカーを選ぶ際には、費用やメリット・デメリットだけでなく、口コミや評判も考慮して総合的に判断することが重要です。

また、複数のハウスメーカーを比較することで、自分に最適な選択肢を見つけることができます。

はなまるハウスに興味がある方は、ぜひモデルハウスを見学してみてください。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /