ホクシンハウスはやばい?坪単価や良い評判、悪い口コミと注文住宅・建売・平屋の価格

promotion

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでしまった)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。



はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件良く高品質の住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては1,000万円以上の大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物。 一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめて下さい

「情報収集しすぎ」と家族や友人に言われるくらいで丁度良いのです。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いでしょう。

そんな背景もあり、昨今では、条件にあった住宅メーカーにまとめて資料請求を依頼できる「一括カタログサイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

①SUUMO

不動産最大手ポータルサイトSUUMOが運営。独自のネットワークを活かし全国の地域に特化した工務店の資料を取り寄せることが出来る。坪単価も安く高品質な工務店が多いのが特徴。

②HOME4U家づくりのとびら

信頼の「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選されたハウスメーカーを中心にカタログ請求できる。自分たちだけの家づくりプランも完全無料で作ってくれるのは非常に大きなメリット。1度は必ず利用したい。

③LIFULL HOME’S 東証プライム上場企業「LIFULL」が運営。SUUMOと2強の大手不動産ポータルサイトだけあり、厳しい審査を通過した住宅メーカーのみが加盟。特にローコスト住宅に強く、ローコスト住宅も検討したい方におすすめ。

この3サイトはどれも、日本を代表する大手企業が運営しているため審査が非常に厳しく悪質な住宅メーカーに当たるリスクを避ける事ができます。

また、カタログを取り寄せたからといって無理な営業もなく気軽に利用でき非常にメリットが大きいサービスです。

3サイトの中でどれか1つ使うなら、

MEMO
工務店をメインに探したい方は・・・SUUMO

ハウスメーカーにこだわりたい方は・・・家づくりのとびら

ローコスト住宅をメインで考えている方は・・・LIFULL HOME’S
を使っておけば間違いないでしょう。

また、より慎重に絶対に失敗したくない方は絶対に工務店、絶対にハウスメーカーと決めつけずに1社でも多くの会社から資料を取り寄せてしまいうのがおすすめです。

「ハウスメーカーで考えていたけど、工務店の方が理想な家づくりが出来るし高品質だった」

「工務店で考えていたけど、意外と安く建てられる思いもよらないハウスメーカーと出会えた」

このような事は非常に多くあります。

また、なるべく多くの会社で資料を取り寄せることでメーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

後から取り返しのつかない後悔をしないよう、家を建てるときには面倒くさがらず1社でも多くのカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

MEMO
SUUMO・・・工務店のカタログ中心
家づくりのとびら・・・ハウスメーカーのカタログ中心
LIFULL HOME’S・・・ローコスト住宅のカタログ中心

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒


【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒


【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

ホクシンハウスは、長野県を中心に事業展開しているハウスメーカーです。

注文住宅、規格住宅、分譲住宅を提供し、独自の全館冷暖房システム「FB-6工法」を導入しています。

また、モノコック構造を採用し、耐震等級は最高ランクの3を取得しています。

ホクシンハウスを検討中で、「口コミや評判はどう?」「坪単価や他のハウスメーカーとの違いは?」など疑問を抱えている方もいるでしょう。

結論から、先にお伝えするとネット上に一部の悪い口コミはどんな会社にも必ずあるもの。

ホクシンハウスは良い住まいを提供している会社です。

この記事では、ホクシンハウスの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、保証などについて詳しく解説します。

記事を通じて、ホクシンハウスの信頼性や評価を把握でき、ハウスメーカーを選ぶ際の役立つ情報を得ることができます。

ぜひ、参考にしてください。

ホクシンハウスはやばい?家を建てた人の良い評判と悪い口コミ

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

ここでは、ホクシンハウスの良い評判と悪い口コミについて見ていきましょう。

ホクシンハウスで家を建てた人の良い口コミ・評判

ライオン先生

たくさんの要望をしっかりと汲み取ってプランを作成してくださいました。

打ち合わせでしっかりと話し合えたので、家づくりはスムーズに進めることができました。

担当の方には本当に感謝しています。家の中はとても明るく、冬でも暖かいと感じます。

子どもたちも気に入っていて、庭でもよく遊んでいます。

収納も十分ですし、キッチンなどの使い勝手も良いです。

家にいる時間がとても楽しみになりました。

ライオン先生

複数の住宅メーカーを検討しましたが、断熱性などが優れていてコスパが良いと思ったので、ホクシンハウスを選びました。

また、モデルハウスの雰囲気やスタッフさんの対応も良かったです。

空調システムも良く、家の中がとても心地よいです。

ライオン先生

モデルハウスの雰囲気が良くて、ホクシンハウスに決めました。

初めての家づくりで何もわかりませんでしたが、担当の方がとても丁寧に説明してくださいました。

断熱性や耐震性が良いのも、決め手です。

価格は決して安いわけではありませんが、住んでいて大きな不満はありません。

快適に暮らせていて、家族みんな喜んでいます。

収納も広く、吹き抜けがあって開放感があります。

ライオン先生

かなり細かい要望をしましたが、とても親身になって対応してくださいました。

質問にもすぐに回答してくれたので、安心して進めることができました。

家の中は冬でもとても快適です。

寒さをあまり感じないため、光熱費も節約できます。

夏も涼しい方だと思います。

間取りはリビングを広めにして、家事動線が良く、毎日の掃除や洗濯も今のところ苦ではありません。

何より、子どもたちが喜んでいるので、家を建てて正解でした。

ライオン先生

ホクシンハウスは、性能が良くて価格は高すぎず、担当の方の対応が良かったことが決め手です。

担当の方は、ホクシンハウスの良いところと悪いところをきちんと説明してくださいました。

提案してくださったプランもとても魅力的でした。

耐震等級も良いそうなので、安心です。

収納やコンセントも十分にありますし、内装のデザインも気に入っています。

ライオン先生

ホクシンハウスの家は、夏でも冬でも過ごしやすいです。

賃貸のときと比べて、エアコンや扇風機などを使う機会が減りました。

キッチンや洗面化粧台なども使いやすく、収納も多いので、家の中がすっきりとしています。

庭では子どもと遊べますし、バーベキューなども楽しめます。

入居後の点検なども助かっています。

ハウスメーカーを選ぶときはいろいろと迷いましたし、家ができるまでは不安もありましたが、今ではとても満足しています。

やばい?ホクシンハウスで家を建てた人の悪い口コミ・評判

ライオン先生

ホクシンハウスの家は断熱性が高いと聞いていましたが、家のどこにいても暖かいわけではありません。

やっぱり、廊下やトイレ、脱衣所、玄関付近などは寒さを感じることも多いです。

あと、設備や仕様がもう少し高級感があると良いと思います。

ライオン先生

ホクシンハウスはコスパが良いと思いますし、スタッフの対応も悪くないと思います。

住んでいて、最悪と感じることもありません。

ただ、保証期間がもっと長ければ嬉しいです。点検が最長30年なので、その後が気になります。

ライオン先生

欠陥もありませんし、トラブルや大きな問題もありません。

性能も良い方だと思うのですが、断熱性などが本当に優れているのかは、あまり実感できません。

ライオン先生

入居して、特にやばい問題やひどいと感じることは起きていないです。

でも、入居前には連絡や対応が遅かったことがあったので、少し不安を感じています。

それ以外の点では特に不満はありません。

ライオン先生

価格のわりに設備は安っぽいと感じます。

建具なども、もう少し上質なものにしてほしいです。

もっと確認しておけば良かったと後悔しています。

ライオン先生

家のデザインや仕様は普通だと思います。

あと、保証期間をもっと長くしてほしいです。

オーナー向けのイベントもたくさん増えると嬉しいですね。

ホクシンハウスには、「断熱性や気密性が良い」「冬でも過ごしやすい」「コストパフォーマンスが優れている」といった良い評判が見られます。

一方で、「それほど暖かくない」「設備が安っぽく見える」「保証期間が短い」といった悪い口コミも見受けられます。

ホクシンハウスは内外ダブル断熱などで高断熱・高気密の家を提供していますが、冬に完全に寒さを感じないわけではありません。

しかし、断熱性が低い家と比べて、快適な室内環境を実現できます。

設備に関しては、ハイグレードではないため、事前に確認しておくことが重要です。

保証期間に関しては、設備保証が10年、地盤保証が20年、定期点検が最長30年となります。

このような良い評判や悪い口コミを含めて、自分に合ったハウスメーカーかどうかを総合的に判断することが大切です。

ホクシンハウスの坪単価は50万円〜80万円

ホクシンハウスの公式サイトには、坪単価の情報は掲載されていませんが、商品情報や口コミを参考にすると、ホクシンハウスの坪単価はおおよそ50万円から80万円程度と推測されます。

この価格帯は、ハウスメーカーの中では平均的な範囲に位置します。

例えば、坪単価50万円〜80万円で30坪の家を建てる場合、かかる建築費用は1,500万円〜2,400万円程度です。

以下は、坪単価が50万円〜80万円の場合の、坪数別建築費用の一覧です。

坪数建築費用の目安
25坪1,250万円〜2,000万円
30坪1,500万円〜2,400万円
35坪1,750万円〜2,800万円
40坪2,000万円〜3,200万円

※実際の金額とは異なる場合があります。

また、実際に家を建てる際は、坪単価以外に、諸費用やオプション費用、付帯工事費、土地取得費用などもかかります。

【商品別】ホクシンハウスの坪単価と特徴、総額をシミュレーション

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

Full Order(注文住宅):予想坪単価60万円〜

出典:ホクシンハウス

「Full Order(注文住宅)」は、以下の2つのラインナップが用意されています。

  • PREMIUM:一流の建築士とつくる理想の邸宅です。高い断熱性、気密性、耐震性を備えており、全館冷暖房システム「FB-6工法」を採用しています。
  • STYLE:自分たちの理想や要望を形にできます。「PREMIUM」より費用を抑えることが可能です。

Pattern Order(規格住宅):予想坪単価50万円〜

出典:ホクシンハウス

「Pattern Order(規格住宅)」は、以下の5つのラインナップが用意されています。

  • FACADE(ファサード):外観デザインから選ぶことが可能であり、ハイグレードな設備を標準で装備しています。
  • Type(タイプ):5つのタイプが用意されており、全部で132種類の間取りの中から選択可能です。耐震等級3を取得しており、地震に強い建物です。
  • KIDS(キッズ):子どもがのびのびと生活でき、子育てがしやすい住宅です。高品質・高性能で暮らしやすいのが特徴です。
  • RICHE(リッシュ):コンパクトな住宅で外観は2種類、間取りは72通りの組み合わせから選択できます。
  • スゴプラ:性能とデザインを兼ね備えているのが特徴です。全館冷暖房システム「FB-6工法」を採用し、デザインは一流の建築士が担当しています。

FB TOWN(分譲住宅):予想坪単価50万円〜

出典:ホクシンハウス

ホクシンハウスのハイクオリティな分譲住宅です。

制震オイルダンパーを設置し、耐震等級は3を取得しています。

また、高性能な断熱材やトリプルガラスにより、優れた断熱性や気密性を実現しています。

ホクシンハウスの平屋の特徴と価格帯

ホクシンハウスでは、2階建てだけでなく平屋も建てることが可能です。

平屋は間取りが比較的シンプルかつコンパクトなので、家事動線がスムーズです。

また、階段を上り下りする必要がないため、掃除や移動が楽になります。

さらに、多くの部屋が庭とつながっているなど、2階建て住宅とは異なる魅力があります。

平屋の予想坪単価は60万円〜です。

ホクシンハウスは安い?高い?買うべきかをプロが解説

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

ホクシンハウスの坪単価は50万円〜80万円程度であり、ハウスメーカーの中では平均的な価格帯です。

ハウスメーカーの中には、坪単価が100万円を超えるところや、坪単価が30万円程度のところもあります。

ホクシンハウスの価格帯は平均的ですが、高い断熱性や気密性、耐震性能は最高ランクを誇り、コストパフォーマンスが優れています。

注文住宅、規格住宅、分譲住宅のラインナップが揃っており、ニーズに合った選択が可能です。

そのため、長野県でコストパフォーマンスの優れたハウスメーカーを探している方には、特に魅力的な選択肢となるでしょう。

ただし、すぐにホクシンハウスに決めるのではなく、複数のハウスメーカーを比較することが重要です。

複数社を比較することで、より自分の条件に合ったハウスメーカーを見つけることができる可能性があります。

ホクシンハウスで家を建てるのに必要な他の費用

ホクシンハウスで注文住宅を建てる場合、坪単価以外にも諸費用、オプション費用、付帯工事費、土地購入費用などが発生します。

そのため、資金計画を立てる際には、これらの費用も考慮する必要があります。

各費用の内容は、以下のとおりです。

  • 諸費用:印紙税、不動産取得税、登録免許税、司法書士手数料、事務手数料、保険料などを含む費用
  • オプション費用:標準の装備をオプションに変更する場合にかかる費用
  • 付帯工事費:ガス工事、電気工事、外構工事などにかかる費用
  • 土地購入費用:土地を購入する場合にかかる費用

できるだけ早めに各費用の見積もりを取得し、資金のシミュレーションを行いましょう。

ホクシンハウスのアフターサービスと保証

  • 定期点検:ホクシンハウスでは、引き渡し後、最長30年の定期点検を実施。
    点検は、6ヶ月、1年、2年、5年、10年のタイミングで実施され、10年目以降は5年ごとに行われます。
    点検では、屋根や外壁、基礎、天井、床などの状態をチェックし、問題がないかどうかを確認します。
  • 地盤保証:ホクシンハウスでは、20年間の地盤保証を提供しています。
    もし地盤の問題により不均等沈下が発生した場合、地盤や建物の修復に最大5,000万円まで補償されます。
  • 防蟻保証:ホクシンハウスでは、引き渡し後10年間、防蟻保証を提供しています。
    もし、シロアリによる被害が発生した場合、修復費用が最大1,000万円まで補償されます。
  • 設備保証:ホクシンハウスでは、引き渡しから10年間、設備保証を提供しています。
    もし対象となる設備が故障した場合、修理費用は無料となります。
    保証期間中は、修理回数に制限はありません。
    保証対象の主な設備は、以下のとおりです。
    ・コンロ
    ・レンジフード
    ・ビルトインオーブン
    ・ビルトイン食洗器
    ・浴室乾燥機
    ・給湯操作パネル
    ・24時間換気システムなど
  • 住宅瑕疵担保責任保険:ホクシンハウスの住宅には、住宅品質確保法にもとづく10年間の保証がついています。
    構造躯体や基礎、雨漏りなどの欠陥が見つかれば、その損害に対して賠償を受けることができます。
  • 24時間365日受付のオーナーサポート:ホクシンハウスでは、24時間365日対応可能なカスタマーサポートを提供しています。
    住まいに関するトラブルや疑問があれば、いつでも問い合わせや相談ができます。
  • オーナーズクラブ:ホクシンハウスはオーナーズクラブ「HOKUHOKU CLUB」を提供しています。
    入会費や年会費は無料で、住まいに関する便利な情報やイベント情報を発信しています。
    さらに、さまざまな活動で独自のポイントを貯めることができ、それらのポイントは特典と交換することが可能です。
    新規登録で500ポイント、アンケートに回答で500ポイント、LINE登録で1,000ポイントの、合計2,000ポイントがプレゼントされます。

ホクシンハウスの実例

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

実例1

出典:suumo

外観はスタイリッシュなツートンカラーでデザイン。

LDKはカフェのような雰囲気であり、対面式キッチンからは常にリビングの様子を眺めることができます。

また、ファミリークローゼットや書斎、ランドリールームなども備えられています。

実例2

出典:suumo

LDKは吹き抜けがあり、窓からは日差しが差し込み、開放感があります。

洗面室と脱衣所は十分な広さがあります。

キッチンには勝手口があり、広く、収納スペースも豊富です。

ホクシンハウスの対応地域

  • 長野県(長野エリア、佐久エリア、軽井沢エリア、松本エリア)

ホクシンハウスのショールーム・住宅展示場一覧

  • 長野展示場
  • 松本ショールーム
  • 佐久展示場
  • 上田展示場
  • 伊那展示場
  • 中野展示場・開発研究棟
  • まちかど篠ノ井御幣川1号棟
  • まちかど篠ノ井御幣川2号棟
  • まちかど長野市御厨2号棟
  • まちかど長野市柳原1号棟
  • まちかど千曲市杭瀬下A号棟
  • まちかど上駒沢A号棟
  • まちかど広丘吉田1号棟
  • まちかど広丘吉田2号棟
  • まちかど豊科1号棟
  • まちかど豊科3号棟
  • まちかど里山辺1号棟
  • まちかど里山辺2号棟
  • まちかど上田市古里1号棟
  • まちかど上田市古里2号棟
  • まちかど佐久市岩村田南Ⅱ2号棟
  • まちかど本郷1号棟
  • まちかど佐久市小田井

ホクシンハウスで家を建てるメリット

  • 全館冷暖房システム「FB-6工法」:ホクシンハウスでは、独自の全館冷暖房システム「FB-6工法」を導入しています。
    このシステムは6面輻射で、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を実現します。
    家の中の温度が均一になるため、ヒートショックなどのリスクも軽減可能です。
  • 断熱性・気密性が優れている:ホクシンハウスでは、樹脂サッシのトリプルガラスや高性能断熱材を使用した内外ダブル断熱によって、高断熱・高気密を実現しています。
    そのため、外気の影響を軽減することができます。
  • 耐震等級3を取得:ホクシンハウスの住宅は、地震力を面で受け止めて分散させるモノコック構造を採用しています。
    また、強度の高い耐力壁やベタ基礎、制振オイルダンパーなどを備え、耐震等級の最高ランク3を取得しています。
  • 宿泊体験が可能:ホクシンハウスでは、モデルハウスでの宿泊が可能です。
    1泊2日の宿泊体験を通じて、実際にホクシンハウスのキッチン、お風呂、トイレ、寝室、リビングなどを使用し、使い勝手や居心地などを確認することができます。
  • ラインナップが豊富:ホクシンハウスは、「FullOrder(注文住宅)」「PatterOrder(規格住宅)」「FB TOWN(分譲住宅)」を提供しています。
    完全自由設計なら注文住宅、複数のプランから選択するなら規格住宅など、ニーズに合わせて選択が可能です。

ホクシンハウスで家を建てるデメリット

  • 保証期間が短い:ホクシンハウスは、最長30年の定期点検や20年間の地盤保証を提供しています。
    ただし、一部のハウスメーカーでは最長50年〜60年の長期保証を提供している場合もあり、そのようなハウスメーカーと比較すると保証期間は短めです。
  • 対応エリアが限定的:ホクシンハウスが対応しているエリアは、長野県(長野エリア、佐久エリア、軽井沢エリア、松本エリア)です。
    大手ハウスメーカーのように、全国各地に展示場やモデルハウスがあるわけではありません。
    対応できるエリアが限定的なため、「ホクシンハウスで家を建てたい」と考えていても、希望する地域によっては対応が難しいことがあります。
  • 価格は安くはない:ホクシンハウスの坪単価は50万円〜80万円程度であり、ハウスメーカーの中では平均的な価格帯です。
    坪単価が100万円を超える大手ハウスメーカーと比較すると価格は低めですが、坪単価が30万円〜40万円程度のローコストハウスメーカーと比較すると、安いとは言えません。
    また、坪単価以外にも諸費用や付帯工事費、オプション費用、土地購入費用などがかかりますので、総費用を事前に把握しておくことが重要です。

ホクシンハウスの会社概要

  • 会社名:ホクシンハウス株式会社
  • ブランド名:ホクシンハウス
  • 設立:1978年1月
  • 資本金:8,000万円
  • 従業員数:81名(2024年3月時点)
  • 住所:長野市南千歳一丁目12番地7 新正和ビル8F
  • 問い合わせ先:026-227-3900
  • 公式HP:https://www.hokushinhouse.com/

結論:ホクシンハウスは買うべき?やめた方がいい?

ホクシンハウスは、長野県でコストパフォーマンスが優れたハウスメーカーを求める方に、特に魅力的な選択肢です。

坪単価は50万円〜80万円程度で、ハウスメーカーの中では平均的な価格帯です。

断熱性や気密性が高く、快適な室内環境を提供しています。

また、耐震等級は最高ランクの3を取得しています。

ただし、複数のハウスメーカーを比較してから、最終決定することが大切です。

複数社を比較することで、自分に最適なハウスメーカーを見つけることができます。

まとめ

この記事では、ホクシンハウスの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、保証などについて解説しました。

ホクシンハウスは、「断熱性や気密性が良い」「コストパフォーマンスが優れている」といった良い評判や、「設備が安っぽく見える」「保証期間が短い」といった悪い口コミがあります。

ハウスメーカーを選ぶ際は、費用や特徴、保証、口コミ・評判などを総合的に判断することが重要です。

ホクシンハウスに興味がある方は、ぜひこの機会にモデルハウスを見学してみてください。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /