北海道でローコスト住宅を建てるならこのハウスメーカーがおすすめ!人気の平屋住宅や1,000万円台の住宅も紹介!

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

近年、安く建てられると話題のローコスト住宅。

1,000万円~2,000万円前後で新築に住めるなんて、夢のような話ですよね。

でも「ローコスト」という言葉に、「安かろう悪かろうなんじゃないの?」と不安にもなりますが、そんなことはありません。

  • 間取りのパターン化
  • 建材の一括購入
  • 人件費・広告費の削減

といったコストを減らすことで、建物自体のクオリティは維持しながら、価格を安く抑えることができるんです。

また、近年北海道でも頻発している地震への対策や耐火、耐暑・耐寒にも力を入れているハウスメーカーも多くあります。

今回は、北海道でローコスト住宅を建てる際におすすめのハウスメーカーをご紹介します。

また本文に入る前に、マイホームづくりで最も重要なことを伝えておきます。

それは、ハウスメーカー選びです。

何よりも先にこの「ハウスメーカー選び・ハウスメーカーの選別」に集中してください。

というのも、多くの人が土地探しや資金計画を優先し、ハウスメーカー選びを怠っているのが現状。CMでよく耳にするメーカーに決めてしまったり、住宅展示場で気に入ったメーカーに即決してしまったり・・・

その結果待ち受けているのが、あなたの期待を下回るマイホームです。

何百万・何千万ものお金をかけたのに理想の家が完成しなかったら、お金も労力も無駄になってしまいます。

そうならないために、多くのハウスメーカーの特徴を比較し、厳選することが何よりも重要なのです。

マイホームづくりはハウスメーカー選びにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

しかしながらいちいち一件ずつ住宅メーカーを周って情報集めをするのも手間がかかるもの。

そこでおすすめしたいのが、東証一部企業であるリクルートが提供する「SUUMOカタログ一括請求サービス」です。

「エリア」や「条件」を入力するだけで、自分に合ったハウスメーカーや工務店の資料を一括で取り寄せることができるサービスです。

利用料はもちろん無料。一度の操作で複数社のカタログを請求できるので、時間も手間も節約することができ、簡単に利用できます。

SUUMO

【特徴】全国47都道府県のおすすめ住宅メーカーをエリアから絞り込める。

【料金】無料

一括請求サービスを利用することで、それまで知らなかった素敵なハウスメーカー・工務店を知るきっかけにもなり、より希望に沿った家づくりに近づくことが可能になるのです。

そのため、会社の規模や知名度は意識せず、まずは気に入ったメーカーのカタログを全て取り寄せてみることをおすすめしますよ!

一生に一度の大きな買い物である、マイホーム。損をしてしまうことがないように、面倒くさがらずに今すぐ「SUUMOカタログ一括請求サービス」を利用してみましょう!

是非、カタログ一括請求サービスを活用して、家づくりの第一歩を進めてみてください。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログ一括請求をしてみる⇒

それでは本文に入っていきましょう!

ローコスト住宅とはどんな住まい?

一口に「ローコスト住宅」といっても、どのような住宅を指すのかわかりにくいですよね。

簡単にいうと、建築費用を安くできる住宅のことです。

一般的には建物価格が1,000万円代のものが多く、土地代を入れても2,000万円ほどで購入できると話題になっています。

ここでいう「ローコスト」とは、建築費用だけではなく設計段階や広告費用なども可能な限りカットしていく事です。

ローコスト住宅は1,000万円~2,000万円前後の家

ローコスト住宅は建物価格が1,000万円~2,000万円前後の住宅の事を指します。

物件の価格を決める『坪単価』が、一般的な方法で建てる場合の目安で70~90万円といわれています

一方ローコスト住宅の場合は、坪単価30~60万円まで抑えることができるんです。

ただし、坪単価はあくまでも基礎工事などの「本体工事費」となります。

戸建ての場合、門や塀などの設置に必要な「外構費」、既存の住宅を解体する場合は「解体費用」、「地盤改良工事費用」などの『別途工事費用』というものがあります。

また、ローンを組む場合の申請に関する費用など「諸経費」として加算されるものもあります。

住宅の価格の各費用の割合は以下の通りです。

  • 本体工事費:約75%
  • 別途工事費:約20%
  • 諸経費:約5%

ローコスト住宅の間取りってこんな感じ

価格の安さが魅力のローコスト住宅ですが、実際の間取りはどのようなものなのでしょうか。

ハウスメーカーにもよりますが、ある程度決められた規格の「基本プラン」が用意されていて、そこにご自身が希望するオプションをつけるなど、カスタマイズするのが一般的です。

2LDK~4LDKなど、間取りについては注文住宅とほぼ変わらない作りになります。

ただし、壁や仕切りなどは必要最低限になることがあり、打ち合わせの段階でよく確認しておく必要があります。

複数の「基本プラン」から選べてカスタマイズができたり、フリープラン(間取りを自由に選べる)があったりするなど、自由度の高いハウスメーカーを選ぶことがおすすめ。

ローコストな平屋も人気

最近は世帯人数の減少などもあり、平屋の住宅も人気になっています。

夫婦二人だけの家庭やペットと一緒に暮らしたい単身者の方も、最近ではローコスト住宅を選択肢に入れています。

平屋のメリットは以下の通りです。

  • 掃除や管理のしやすさ
  • 家族の気配を近くに感じやすい
  • 子どもが独立した後など、家族構成が変わっても長く住める

ただし、平屋を選択することで敷地面積が広くなり逆に高くなるパターンもあるようなので、注意が必要です。

ローコスト住宅が安く建てられる4つの理由

ローコスト住宅はなぜ格安で建てることが可能なのでしょうか。

時代のニーズにあわせたハウスメーカーの企業努力により、低価格化が実現しています。

1.シンプルな間取り

ローコスト住宅は、間取りをパターン化することで、設計にかかる費用を抑えています。

また、複雑な作りにしないことで建材自体も必要最低限に抑えることが可能です。

2.資材の一括大量購入

ローコスト住宅は、建設会社が建材を一括大量仕入れすることで価格を下げています。

大型スーパーが、大量に商品を仕入れて安く売っているのと同じ方法です。

3.工期短縮による人件費節約

ローコスト住宅は規格や施工をマニュアルで一本化したり、工場内である程度完成したパーツを現地に運んで組み立てたりなどでコスト削減をおこなっています。

4.大々的な広告を打たない

ハウスメーカーにもよりますが、広告はWeb主体として広告費用を抑えることも、ローコスト住宅で重要なコストカットになります。

北海道のローコスト住宅事情

ここからは、北海道のローコスト住宅事情についてお伝えしていきます。

北海道でもローコスト住宅は人気で、モデルルームも次々と展開されています。

北海道でローコスト住宅を建てる時の費用相場・坪単価

北海道でローコスト住宅を建てる場合の費用相場についてですが、まずは土地の坪単価が地域によって大きく異なります

一番高額なのは札幌市中央区で、坪単価約60万円です。

ここでは建物価格を坪単価30~60万円として、主要な市の費用相場を見てみましょう。

地域 坪単価(約:万円) 建物費用含め(約:万円)
札幌市平均 30 60~90
北広島市 12 42~72
帯広市 11 41~71
恵庭市、千歳市 10 40~70

土地探しからローコスト住宅をはじめる場合には、立地なども視野に入れて営業とじっくり相談してください。

北海道でローコスト住宅を建てるメリット

北海道でローコスト住宅を建てるメリットはどんなものがあるでしょうか。

  • ライフスタイルの変化に対応できる
  • 低価格でマイホームが建てられる
  • 工期が比較的短い

ライフスタイルの変化に対応できる

現代人はライフスタイルが目まぐるしく変わっていきます。

単身赴任や子どもの独立、親との同居・別居など。

ローコスト住宅は壁や仕切りが必要最低限になるので、オーナーの自由にパーテーションで仕切ったり、逆に完全に開放したりカスタマイズすることが可能です。

低価格でマイホームが建てられる

低価格でマイホームが持てるということは、ローンの支払い期間も短くなります。

その分他の必要経費や趣味などに資金を回すことができますよね。

工期が比較的短い

一般的な注文住宅の場合、設計段階にかなり時間を要します。

一方ローコスト住宅は、はじめからプランが決められているため、設計の時間短縮となります。

また建築でもパターン化されている工程のため、かなりの工期短縮につながります。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログ一括請求をしてみる⇒

北海道でおしゃれなローコスト住宅が建てられるおすすめの人気ハウスメーカー5選

ここでは北海道でおすすめのハウスメーカーを5社紹介します。

各社デザイン性や安全性など徹底的にこだわっているハウスメーカーになるので、ぜひ比較検討してください。

ハウスメーカー名 価格帯 特徴
COZY 1,600万円代~ デザイン性の高い100以上の豊富なプランから選べる
ゆきだるまのお家 845万円~ ランニングコストの少ない暖房機器で、燃費が良く価格の安い家を実現
コスモ建設 1,200万円代~ ツーバイフォー工法で耐震性、耐風性が高く、自社工場製造でコストカット
ミニプロト 1,000万円代~ グッドデザイン賞受賞履歴あり、デザイン性の高いプランとオプションが多数
豊栄建設 999万円~ 低価格と安心・安全を兼ね備え、年間の着工数が毎年トップクラス

(札幌市)COZY

会社名 株式会社ジョンソンホームズ
所在地 札幌市西区八軒4条東5-1-1
設立年 1987年
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
電話番号 011-750-5052
ホームページ https://cozy-home.jp/

特徴・建築事例

COZYの特徴は、100以上あるプランを好みに合わせて組み合わせられるところです。

注文住宅でイチから住宅を作るとなると、自分のイメージをハウスメーカーに伝えるのも大変ですし、「思ってたのとなんか違う…」というミスマッチが起きがちです。

COZYは今までの施工実績から、人気のある様々なデザインや間取りを用意して十人十色のローコスト住宅を作り上げていきます。

COZYのメインコンセプトは以下の4つのタイプになります。

  • 北欧テイストのぬくもりあるデザイン:シロクマ
  • 落ち着きのある空間を演出する:エスプレッソ
  • 海辺の別荘のようなリラックスした空気を感じる:サボテン
  • ナチュラルテイストで穏やかな暮らしを作る:リネン

【COZYデザイン一例】

  1. インスタグラムより
  2. インスタグラムより
  3. インスタグラムより

また、ジョンソンホームズでは年に一度『オーナーズ感謝祭』というイベントを開催。

COZYをはじめとした注文住宅のオーナーを無料で招待し、BBQやモザイクタイル作りなどを実施しオーナーと交流を持っています。

口コミ・評判

COZYを展開するジョンソンホームズの口コミは、デザイン性やアフターフォローの手厚さが高く評価されたものが多かったです。

長年経っても飽きがこない点、輸入部材の丈夫な点、ショップとしても家を開放できるところなど、輸入の注文住宅には自慢できる点が数多くあります。
特に、玄関アプローチや、間仕切りのない玄関から階段へと続くコーナーがお気に入りです。

引用_みんなのマイホーム

契約時に10年保証と言われていたオーナーが、10年経過以降もアフターフォローを受けています。

中には25年以上住み続けている方もいました。

一方で「ローコストというほど安くない」といった口コミもありましたが、COZYの表示価格が本体価格のみではなく付帯工事や設備、照明なども含めたコミコミ価格のためです。

北欧系を中心とした輸入雑貨や輸入家具の取り扱いもあり、予算に合わせてカスタマイズができるのが魅力ですね。

参考:https://www.instagram.com/p/CFn_g89AXTt/?utm_source=ig_web_copy_link

(札幌市)ゆきだるまのお家

会社名 株式会社藤城建設
所在地 札幌市東区中沼町33番地
設立年 1992年
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日曜日
電話番号 011-791-4444
ホームページ https://cozy-home.jp/

特徴・建築事例

ゆきだるまのお家を手がける藤城建設は、地域密着型のアットホームな工務店で、土地の特性に合わせた住まいづくりをサポートしてくれます。

藤城建設の社長さんご自身が、現場監督を30年続けてきたベテランなので、木の特性を知り尽くしているんですね。

特に複数の断熱材を組み合わせた複合断熱が人気で、外気温を通さず防火性に優れていながら、リサイクルも可能といった素材が使われています。

【ゆきだるまのお家デザイン一例】

  1. インスタグラムより
  2. インスタグラムより

口コミ・評判

ゆきだるまのお家は断熱性能に高い評価があります。

また、オーナーの要望を細部にわたりヒアリングし、理想の住まい作りに尽力してくれると接客にも高い評価がついています。

延床32坪で、建物が1800万円台。土地の整備とか杭打ちを入れても、2000万円までいかなかったです。
断熱性能に惹かれてこちらにしましたが、同程度の断熱材や工事方法だと、他の工務店ではもっと高い見積もりでした。

引用_みんなのマイホーム

アットホーム感がある雰囲気で、対応も丁寧に明るく行ってくれていましたので、大変良かった印象でしたね。
また、商品価格は大きくなかったですし、最後まできちんと相談を聞いてくれた地域密着型の工務店で良かったです。

引用元_みんなのマイホーム

(札幌市、苫小牧市、千歳市)コスモ建設

会社名 コスモ建設株式会社
所在地 札幌店:札幌市豊平区月寒中央通2丁目1番19号第一コスモビル
苫小牧店:苫小牧市新開町2丁目11番15号
千歳店:千歳市新富1丁目2番1号
設立年 1984年
営業時間 9:00~18:00
定休日 水・木曜日
電話番号 札幌店:011-857-6785
苫小牧店:0144-57-3357
千歳店:0123-25-8946
ホームページ https://www.cosmokensetsu.co.jp/

特徴・建築事例

コスモ建設のローコスト住宅は、30坪未満向けの「C-Zest」と30坪以上の「V-series」の2タイプ用意されています。

いずれもツーバイフォー工法で耐震性、耐風性が高いことが特徴です。

ツーバイフォー工法とは、地震や台風などの外力を柱や梁など1点に集中させず、面で支える事でバランスよく分散させることです。

北海道では大雪のほかにも近年地震も増えてきていますので、いざという時の備えを建築時からしておきたいですよね。

【コスモ建設の耐震性・耐久性】

  • 耐震等級:最高等級3
  • 耐風等級:最高等級2
  • 耐積雪等級:最高等級2
  • 劣化対策等:最高等級3
  • 耐火性:国土交通大臣「耐火構造認定」

また、建材や建築パーツを自社工場製造することでコストカットをおこなっているため、安全性が高いながら価格を可能な限り抑えることが可能となっています。

【コスモ建設のデザイン一例】

  1. インスタグラムより
  2. インスタグラムより
  3. インスタグラムより

口コミ・評判

コスモ建設の口コミは、断熱性能に対する高評価が多くみられました。

一方で営業担当とのやり取りに不満を感じる口コミもいくつか見られました。

一生ものの買い物になるので、言った言わないを防ぐ意味でも、重要なことは書面で残しておくなどオーナー側でもできることはしておくことをおすすめします。

エコジョーズのパネルヒーターですがとても気に入っています。もちろん寒くありません。
玄関や廊下やトイレにも設置しているので家全体がふんわり暖かくて最高です。
ファンヒーターやエアコンと違って風がでないのも気に入っています。
断熱がしっかりしてる+パネルヒーターの暖かさ・・・コスモで新築してよかったなぁと実感する日々です。

引用元_マンションコミュニティ

上の立場の方たちとお話しする機会が何回かあったけど、上の方たちは上に行っただけあってとても物腰柔らかかったり信頼できる人が多かっただけに、下っ端営業の質が本当に残念。まぁどこのハウスメーカーでも似たようなもんなんだろうけど。

引用元_マンションコミュニティ

(札幌市、千歳市、札幌市)ミニプロト

会社名 株式会社アートホーム
所在地 本社:北見市本町2丁目4番10号
千歳支店:千歳市みどり台北5丁目1番1号
札幌支店:札幌市南区南30条西8丁目5番1号
設立年 1990年
営業時間 記載なし
電話番号 本社:0157-68-1110
千歳支店:0123-40-8686
札幌支店:011-581-8686
ホームページ https://www.miniprot.com/

特徴・建築事例

6つのタイプから組み合わせて、34通りのプランを選ぶことができる規格化住宅です。

オプション工費もプランに含まれているため、後からあれこれと追加されることなく価格が分かりやすいことが特徴です。

木材は北欧フィンランドのホワイトウッドを使用し、植物油ベースの自然塗料で塗られているので有害物質が発生しません。

無垢材の家は年を経るごとに味が出てくる魅力がありますよね。

【ミニプロトの6つのタイプ】

  • Basic:29・31・33・35坪の床面積の大きさから選べる基本プラン
  • City:27坪と間口が狭い土地にも対応できるプラン
  • City2F×LDK:CityタイプのLDKを2階に移したタイプ
  • Exz:35・38・40坪から選べるBasicのグレードアップ版
  • 3Story:1階部分をカースペースや店舗に設定できるプラン
  • Ven:ventilation(風通し)を意味した風通しの良さを追求したプラン

【ミニプロトのデザイン一例】

  1. インスタグラムより
  2. インスタグラムより
  3. インスタグラムより

口コミ・評判

ミニプロトは分かりやすいプラン設計が人気です。

自分の予算と建てたい住宅のイメージを基に、プランを作りやすいのは良いですね。

一方、「全てのプランで二階トイレがない」との口コミがありました。

オプション一覧にも記載がなかったので、二階にもトイレが欲しい!という場合はしっかり相談されることをおすすめします。

価格についてはとても明確で、わかりやすいと思いました。
どういったものを使っているのかとか、オプションについても話を聞く前の段階である程度わかるというのも予習がしやすくて良いですね。

引用元_マンションコミュニティ

(札幌市)豊栄建設

会社名 豊栄建設株式会社
所在地 札幌市中央区北5条西11丁目15番地4
設立年 1989年
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
電話番号 011-219-0999
ホームページ https://www.hoei999.co.jp/

特徴・建築事例

「チャレンジ999」という999万円~建てられる住宅がコンセプトです。

圧倒的なコスパの高さにより過去8年で4回、注文住宅の注文棟数NO.1に選ばれた実績を持っています。

営業と設計、インテリアコーディネーターや施工管理、大工全員がワンチームとなって理想の住宅完成までサポートしてくれます。

モデルルームも道内に多数あり、材質や収納、動線や水回りなど細かくチェックすることができます。

【豊栄建設のデザイン一例】

  1. インスタグラムより
  2. インスタグラムより

口コミ・評判

豊栄建設の評価の高さは、「ローコスト住宅とは思えない」という痒いところに手が届くサービスにあります。

例えば壁紙や柱材などサンプルを見て決めても、実際建てた後に「なんかイメージしてた感じと違うな…」とがっかりする事が多いと聞きます。

豊栄建設のチャレンジ999では低価格ながら妥協はせず、モデルルームを参考にしながらオーナーが納得いくまで選ぶことができます。

色々なハウスメーカーを回りましたが、ここに決めました。
良かった点は、注文住宅で価格が安い、それと各パーツごとの展示場があるので、台所、お風呂、トイレ、外壁、クロスの感じなどがわかりやすく決めやすいことです。
いろいろな相談に乗ってくれる会社です。

引用元_みんなのマイホーム

大手住宅メーカーなども見学にいきましたが、どこにも負けない量の土地情報を本当に持っていました。
自由設計なのでこだわりがあるかたやマイホームのイメージがあるかたにはとてもおすすめです。

引用元_みんなのマイホーム

【簡単1分】SUUMOで無料カタログ一括請求をしてみる⇒

まとめ

北海道内でもローコスト住宅のニーズは年々高まっています。

企業努力のおかげで、20代30代の若い世代の方もマイホームを持ちたいという夢が身近になりました。

  • 間取りのパターン化
  • 建材の一括購入
  • 人件費・広告費の削減

といったコストカットで、1,000万円代から建てられる夢のマイホーム。

一生に一度の大きな買い物、ぜひ色々なハウスメーカーを回ってじっくり決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

\後悔しないマイホーム作りのために!/
【無料】SUUMOで一括カタログ請求してみる