【宅配ボックスの有無は賃貸物件選びにどのくらい影響する?】回答者507人アンケート調査

promotion

ECサイトの発達で、すっかり当たり前のことになったオンラインショッピング。手軽に欲しいものが手に入ることから多くの人に利用されていますが、荷物を受け取れないと再配達になるため、最近では宅配ボックスが設置されている賃貸物件も増えています。そんな便利な宅配ボックスですが、「実際賃貸物件を選ぶ際にどのくらいの人が宅配ボックスの有無を気にしているんだろう?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

今回、10代から60代以上までの507人を対象に「宅配ボックスの有無の賃貸物件選びへの影響」についてアンケートを実施しました。 

調査概要

調査対象:10代から60代以上までの人
調査期間:2023年12月13日〜12月18日
調査機関:自社調査
調査方法:インターネットによる任意回答
有効回答数:507人(女性 310人/男性 193人/その他4人)
回答者の年齢:10代1.4%、20代11.4%、30代32.7%、40代33.3%、50代17.2%、60代以上4%

調査結果サマリー

・宅配ボックスの有無が重要だと考える人は約4割、宅配ボックスがなく実際に不便な思いをした人は6割以上
・宅配ボックスがある物件を選ぶ理由は「再配達が不要」や「便利さ」が上位、スケジュール組みの自由さや行動が縛られないことをメリットとして挙げる声も
・物件選びで重要視するものは「家賃」が1位に、「宅配ボックス」は11位

宅配ボックスの有無が重要だと考える人は約4割、宅配ボックスがなく実際に不便な思いをした人は6割以上 

10代から60代以上までの回答者507人に「賃貸物件を選ぶ際の宅配ボックスの重要度」について聞いたところ、「重要」と答えた人が160人、「非常に重要」と答えた人は65人、「あまり重要ではない」は120人、「全く重要ではない」は37人、「どちらともいえない」は125人という結果になりました。「重要」と「非常に重要」を合わせた宅配ボックスを重要だと考える人は全体の約4割で、重要ではないと考える人と比べて1割程度多いことがわかりました。

また、宅配ボックスがなく実際に不便な思いをした人は326人で、全体の6割以上いるという結果に。先ほどの質問で重要でないと答えた人も、実際には不便な思いをした経験があることがわかります。

宅配ボックスがある物件を選ぶ理由は「再配達が不要」や「便利さ」が上位、スケジュール組みの自由さや行動が縛られないことをメリットとして挙げる声も

続いて、「宅配ボックスがある物件を選ぶ理由として1番大きな要素」について聞いたところ、1位が「再配達が不要(298人)」、2位が「便利さ(102人)」、3位が「セキュリティ」という結果に。不在でも荷物が届くため、再配達が不要になる点に魅力を感じている人が多いことがわかります。

また、宅配ボックスのメリットやデメリットについて聞いたところ、以下のような声が多く上がっていました。

<メリット>

1番のメリットは便利さです。宅配を頼むと、きちんと受け取れるか不安になります。うっかりトイレに入っている時に配達されて受け取れないかもしれないと思うと気が気ではありません。その点、宅配ボックスがあるとこちらはただボックスの中身を確認すれば良いので安心です。(30代女性)
・メリットは、外出や睡眠を気にしないでいられることです。家にいても一人だったりするので、その間にトイレに行ったり入浴するのもタイミングを図ったりしてドキドキします。(30代女性)
配達時に家にいなくてもよいため、時間を有効に使える。配達員との対面の必要がないため気が楽。(50代男性) 

宅配ボックスのメリットとして「不在でも荷物を受け取れること」を挙げる人が多く、受け取り時間を気にせず外出できることに魅力を感じている人が多いようです。また、不在だけでなくトイレやお風呂、睡眠など、在宅していながら受け取りを逃してしまう行動を制限せずに自由に過ごせることもメリットとして上がっています。

<デメリット>

デメリットは、自分で荷物を運ばないといけないことだと思う。特に重い荷物が届いた時は運ぶのが大変だ。(30代女性)
・デメリットは、荷物のサイズによっては宅配ボックスが対応していない場合があることと、他の住人との共用のところが多いので、ボックスの数によっては先に使用されてしまうとボックスを使うことが出来なくなってしまう可能性がでてくること。(50代男性)
デメリットは盗難です。近所の方が宅配ボックスから荷物を盗まれるという事が一度あり、これは怖いなと思います。宅配ボックスにカメラを設置したり、厳重なロックが必要だと思いました。大きな荷物の場合や高さのあるものは宅配ボックスに入れるのは難しいと思います。(40代女性)

宅配ボックスのデメリットとしては、「2階に住んでいて宅配ボックスが1階にある場合、重い荷物を自分で運ばないといけない」という声や「注文したものは小さかったのに梱包の段ボールが大きすぎてボックスに入らず、結局再配達になってしまう」といった声が上がっています。不在時に受け取りができ、とても便利な宅配ボックスですが、重い荷物のように玄関まで自力で運ぶのが難しい荷物には利用しない方が良い場合もあるとわかりました。

物件選びで重要視するものは「家賃」が1位に、「宅配ボックス」は11位

最後に「物件選びで特に重要視するもの」について聞いたところ、1位が「家賃(448票)」、2位が「立地(365票)」、3位が「間取り(262票)」という結果に。他には「住宅設備」や「日当たり」が上位に入っており、日々の生活に直接関わってくるものが上位にランクインしていることがわかります。

一方、宅配ボックスは60票の獲得で、全13候補中11位。あると時間を有効に活用できる便利な宅配ボックスですが、あくまでもオプション的な存在だとわかります。

まとめ

物件選びをする際、宅配ボックスの有無が重要だと考える人は全体の約4割で、宅配ボックスがなく実際に不便な思いをした人は6割以上いることがわかりました。 

また、宅配ボックスがある物件を選ぶ理由としては、「再配達が不要」なことや「便利さ」を挙げる声が多く、荷物の受け取りに行動が縛られないことにメリットを感じている人が多くいることもわかっています。一方で、デメリットとして「重い荷物を頼んだ時に、自分で宅配ボックスから運ばなくてはならず大変」という声や、「盗難が心配」、「サイズが大きいと入らない」といった声も上がっており、良い面だけではないこともわかります。 

また、物件選びで重要視するものは「家賃」が1位、「宅配ボックス」は11位という結果になっており、宅配ボックスはあると便利ではあるものの、あくまで住宅を選ぶ際にはオプション扱いであることがわかりました。