【2024年最新版】積水ハウスの坪単価はいくら?実際の評判・口コミや注文住宅購入時の注意点まで紹介

promotion

「積水ハウスの坪単価を知りたい」

「積水ハウスの評判・口コミを知りたい」

このような悩みをお持ちではないでしょうか。積水ハウスの坪単価は、製品ごとに異なります。

ネット上では、積水ハウスの坪単価は、比較的高いと言われていますが、実際どのくらいするのか気になる方もいるでしょう。

本記事では、積水ハウスの坪単価や実際の評判・口コミ、注文住宅を購入するときの注意点などを解説します。

家づくりをするときに、きちんとプランを立てることが大切です。

家づくりのプラン作成を検討している方には「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです!

  • 最短30分で家づくりのギモン解決!
  • 株式会社NTTデータの100%子会社が運営する安心感・信用度
  • 専門アドバイザーを介して手間を軽減し最適なハウスメーカーへ相談

「HOME4U 家づくりのとびら」はオンラインで注文住宅のご希望をヒアリングし、専門アドバイザーがお客様の立場で最適なハウスメーカーを紹介!

間取り・資金計画・土地探しなど、あなたのお悩みを整理し理想の注文住宅のプランを無料作成いたします。

\\妥協しない暮らしを叶える第一歩を//

もくじ

積水ハウスの坪単価は60万〜100万円!30坪〜50坪までの実際の建築価格も紹介

積水ハウスの坪単価相場は、60〜100万円です。

坪単価坪数建築価格
60〜100万円30坪2,000万円~4,000万円
35坪2,333万円~4,667万円
40坪2,667万円~5,333万円
45坪3,000万円~6,000万円
50坪3,333万円~6,667万円

積水ハウスは、他のハウスメーカーと比べて、坪単価が高いのか低いのかわからない方に向けて、以下に主な大手ハウスメーカーの坪単価をまとめた表を記載します。

会社名坪単価
セキスイハイム80万円〜
ミサワホーム60万円〜
住友林業70万円〜

大手ハウスメーカーの坪単価は、平均70万円と言われているため、積水ハウスの坪単価は60〜100万円は比較的高い傾向があります。

積水ハウスの注文住宅の坪単価は高いのか?

積水ハウスの注文住宅の坪単価が高いと言われている理由が気になる方も多いでしょう。積水ハウスの坪単価が高い理由として、標準設備の品質が高い点が挙げられます。

とはいえ、具体的にどんな設備が品質が高いのか気になる方もいるため、本項では、積水ハウスの坪単価が高いと言われる理由を深掘りして解説します。

積水ハウスの坪単価が高いと言われる理由

積水ハウスの坪単価が高い理由は、商品のグレードに関わらず、高品質である点が挙げられます。積水ハウスでは、独自の技術を用いて、耐震性や快適性、防犯性に優れた住居を提供しています。

例えば、独自で開発した「ダインコンクリート」と呼ばれる外壁材を採用し、住宅の耐火性・耐久性を高めています。

断熱材が壁体内でずれ落ちることのないように断熱内壁枠と熱橋を極力排除する内壁下地壁枠取付金具を採用し、快適性を高めた作りとなっているのも特徴です。

このように、積水ハウスでは春夏秋冬快適に過ごすため、住宅性能が高いことで、坪単価が高めに設定されています。

坪単価が安いことに越したことはありませんが、「安い=良い」というわけではありません。値段相応の効果が得られる住宅を選ぶことが、長く快適に過ごすためには重要です。

積水ハウスの商品は、坪単価こそ他社よりも高い傾向がありますが、その分、耐震性や断熱性などの品質が高く、値段相応の効果が期待できるでしょう

坪単価は建物の延床面積だけでは決まらない

坪単価とは、一般的には住宅の建築費用を坪単位で計算したもので、床面積の広さに応じて金額が変わります。しかし、建物の延床面積だけで坪単価を決めることはできず、建物の設計や仕様など、さまざまな要素によって決まります。

例えば、建物の設計や仕様が高級である場合は、材料や工法、技術力にこだわっているため、坪単価が上がるでしょう。

逆に、設計や仕様がシンプルの場合や建築現場の条件がよい場合などは、建築材料の種類や施工方法が簡単になるため坪単価が下がることがあります。

また、地盤状況によっても坪単価は変わることがあり、地盤が柔らかければ地盤改良のためのコストがかかり坪単価が上がる可能性が高いです。

さらに、施工業者の人件費も坪単価に影響を与えます。このように、坪単価はさまざまな要素が含まれて決まるため、坪単価を抑えるためには、建物の設計や仕様などの要素を考慮した建築プランを立て、適切なオプションを選定することが必要です。

そもそも積水ハウスとはどんな会社?

<会社名積水ハウス株式会社
坪単価60〜100万円
構造鉄骨造住宅・木造住宅
住宅タイプ平屋・2〜4階建て・多世帯
保証期間永年保証(初期30年保証)
設立1960年8月1日
公式サイトhttps://www.sekisuihouse.co.jp/

参照元:積水ハウス公式サイト

積水ハウスの大きな特徴は、250万戸以上の建築実績を持つ、住宅メーカーです。多くの建築実績があるため、初めて住宅を購入する方にとっては安心できます。

また、長年の歴史から蓄積されたノウハウも魅力の1つです。一邸ごとにオリジナルの設計ができる「邸別自由設計」を提供しており、自分だけの理想のマイホームを実現できます。

ここからは、さらに詳しく積水ハウスの特徴について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

幸せな暮らしを追及している大手ハウスメーカー

積水ハウスは、幸せな暮らしを追及している大手ハウスメーカーでもあります。

一戸建て住宅の建築において「邸別自由設計」をコンセプトに掲げており、住まい手が持つあらゆる要望に応えられるよう、一級建築士やアーキテクトなどの専任スタッフが全国に配置されています。

一級建築士やアーキテクトは、豊富な経験とノウハウを活かして、敷地の条件や住まい手の希望に最適なプランを提案してくれるでしょう。

特に積水ハウスは、商品ラインナップを充実させることで、住まい手の希望に沿った設計を実現します。

完全な自由設計ではありませんが、充実した商品ラインナップを持つことで、自分らしいオリジナルの住まいを実現させてもらえるでしょう。

アフターサポートが充実している

積水ハウスは、アフターサポートが充実しています。住宅は長期的に使用するものであり、自然条件によってダメージを受けることは避けられません。

そのため、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。積水ハウスでは、長期的な住宅保証に力を入れています。

30年間の無料保証を提供し、その後は有料点検・有償メンテナンスを行うことで、10年間延長することができる「ユートラスシステム」という再保証制度を導入しています。

住宅の長期保証に不安を抱える方も安心して長く住み続けることが可能です。さらに、人生100年時代に対応するために、30年以上も同じ家に住み続けられるような長期的な保証制度の必要性も高まっています。

積水ハウスは、家のメンテナンスにも力を入れ、住まいを長く安心して使っていただくためのサポートを提供しています。

【住宅別】積水ハウスの商品プランを一挙紹介

住宅別の積水ハウスの商品プランを3つ紹介します。

  • シャーウッド(木造1〜3階建て)の住宅
  • 鉄骨1・2階建ての住宅
  • 鉄骨3・4階建ての住宅

それぞれの商品の特徴を紹介するので、家を購入するときの参考にしてください。

シャーウッド(木造1~3階建て)の住宅

積水ハウスのシャーウッドは、高さを上手く活かした設計が得意です。「ハイラウンジ」と「アウターダイニング」を繋げることで、天井高が約3.7メートルという広々とした空間と大きな庇が特徴的な屋外スペースを手に入れられます。

組み合わせによって、日常の喧騒を忘れさせる非日常感あふれる空間が完成し、特別な時間を過ごすことができるでしょう。

ベルバーンと呼ばれている、高い耐久性を持った陶版外壁「ベルバーン」を採用していることも魅力です。一般的な塗装の外壁とは違い、太陽や雨風による変色があまり起こりません。

次に、シャーウッドの各商品を説明していきます。

Gravis Stage(グラヴィス・ステージ)

Gravis Stageは、ミサワホームが提供する高性能な省エネ住宅です。特徴は、高い断熱性能と空間デザインにあります。

断熱材には、空気の流れを最小限に抑えられる「ウレタンフォーム」を採用しています。そのため、冬場は室内が暖かく、夏場は涼しく快適な生活を送ることができます。

また、Gravis Stageの空間デザインは、内外が緩やかに一体化しており、自然と調和する開放的で心地よい空間の実現が可能です。

室内の天井面・床材の高さと素材を中間領域と揃えることで、空間が一体となり、自然とつながる豊かな暮らしを実現しています。

さらに、バスルームは森と一体化するようなデザインになっており、通り抜ける季節の風を感じながらリラックスできる空間です。

Gravis Stageは、省エネ性能が高く、快適な空間デザインが特徴的な住宅です。自然と調和し、心地よい暮らしを実現したい方におすすめの住宅です。

Gravis Bellsa(グラヴィス・ベルサ)

Gravis Bellsaは、積水ハウスが提供する住宅シリーズの1つで、広々とした開放感のある空間が特徴です。室内には自然光を取り入れることで、明るく快適な生活環境を実現しています。

また、断熱・気密性能にもこだわり、住み心地の良さを追求しています。住宅の外観は、陶版外壁「ベルバーン」を総張りした深い味わいが魅力的で、大開口サッシ「フレームティンバーウィンドー」による表情豊かなデザインが印象的です。

内外の一体感を追求し、開放的な空間デザインが特徴的で、広々としたリビングやダイニング、光と緑に包まれた和室など、居心地の良い空間が揃っています。

Gravis Bellsaでは、省エネ性能も高く、太陽光発電システムやエコキュートなどの最新設備を採用しています。住宅の機能性に加え、美しさやデザイン性にもこだわった、快適なライフスタイルを実現する住宅です。

Gravis Villa(グラヴィス・ヴィラ)

グラヴィス・ヴィラは、大型の屋根付きテラスが特徴的な住宅シリーズです。

自然と調和する空間を実現し、広大な庭園を望むリビングダイニングやキッチンからは、開放感あふれるテラスも一望できます。

また、リビングには天井高が3.2mという開放感ある空間を設け、豊かな暮らしの実現が可能です。外観デザインには、下記のものが採用されています。

  • 6寸勾配の切妻屋根とホワイト系の明るい外壁色を基調として、曲線を強調した「アーチ垂れ壁」
  • 洋風にふさわしい「オブリック・ウォール(135度壁)」
  • 上質な外観アクセントとなる「アイアン装飾」

上記の外観要素が融合し、グラヴィス・ヴィラは高級感あるデザイン性のある住宅となっています。

The Gravis(ザ・グラディス)

The Gravisは、積水ハウスの高級住宅ブランドで、最新のテクノロジーを駆使した独創的かつモダンなデザインと、日本の伝統美を融合させた住宅シリーズです。

豊かな空間を演出するアイデアが多数取り入れられ、高い天井や大きな窓を通じて、豪華な居住空間が提供されています。

この住宅シリーズは、豪華な住まいを望む方に最適です。The Gravisでは、木の質感を存分に楽しむ暮らしを提案しています。

人と自然とつながる家をコンセプトに、大きな木の下にいるような空気感と、ゆったりとした時間を提供します。居住者の生活スタイルを考慮し、豊かな自然光を取り入れたり、木の風合いを活かした内装です。

また、最新の技術を活用した高性能な断熱・気密性能により、快適な居住環境を提供しています。

modellare(モデラーレ)

Modellareは、積水ハウスが提供する住宅シリーズの一つで、建て主が自分のライフスタイルに合わせて住宅を自由にカスタマイズできることが最大の特徴です。

モデラーレの魅力は、多彩な間取りバリエーションと豊富なデザインアイテムを組み合わせることで、建て主が理想とする住まいを実現できる点です。

積水ハウスには専属のデザイナーやコーディネーターがおり、要望を丁寧にヒアリングし、理想の住まいを提案してくれます。

家は生き方を表現するものであり、Modellareはそのようなコンセプトに基づいています。自分らしさを表現し、心地よく過ごせるオンリーワンの木の家をつくることが可能です。つくり手が家を「建てる」のではなく「つくる」ことで、建て主が望む快適性や美しさを実現します。

Maxio(マキシオ)

Maxioは、積水ハウスの高級注文住宅シリーズの1つで、自然と調和した住まいをコンセプトにしている商品です。外観は自然素材や天然石を使用した、開放感のある空間を提供しています。

大きな窓や広々としたバルコニーなども実現でき、光や風を取り込むようにデザインされているのも特徴です。デザインは下記の4つから選べます。

  • モダン
  • クラシカル
  • ナチュラル
  • ジャパニーズ

Maxioは敷地の可能性を最大限活用するため、多層空間マルチレイヤーシステムを採用しています。5層の複層構造を持ち、部屋から部屋へ移動するたびに空間の高さやステージが変化し、それでも緩やかな一体感が保たれる多層空間を作り出しています。

里楽(りらく)

「里楽」は、積水ハウスの和風住宅シリーズで、天然木材を使用した床や柱が特徴的です。和室や庭など、日本の伝統的な要素を現代的なデザインに取り入れ、落ち着いた和の雰囲気を演出しています。

また、断熱材には自然素材のセルロースファイバーを使用しており、快適な室内環境となっています。室内の勾配天井を利用した「勾配梁あらわし」や、大黒柱を使用しているため、平屋戸建住宅ならではの空間の広がりや木のぬくもりを感じられるでしょう。

さらに、庭との自然との連続性を意識した、自然豊かな空間を提案することが可能です。「里楽」は、和のテイストを取り入れた現代的な住まいをお探しの方におすすめのシリーズです。

鉄骨1・2階建ての住宅

鉄骨1・2階建ての住宅は、LDKに柱がなく、自由に使える大空間のファミリー・スイートが特徴です。カフェや子供の居場所など、家族がそれぞれ思い思いにくつろげるようにデザインされています。

また、ピットリビングやテラスに向けて広がる空間、高さの変化が楽しい空間など、家族の暮らしに最適な空間を提案しています。

スローリビングという暮らしを提案し、屋外と室内がゆるやかにつながり、自然と一体化した快適な暮らしの実現が可能です。積水ハウスでは、敷地丸ごと計画を行い、美しい建物と外構が一体となったわが家を実現しています。

IS STAGE(イズ・ステージ)

IS STAGEは、積水ハウスの一戸建て住宅シリーズの中でも、機能性とモダンなデザイン性にこだわった住宅です。

開放感あふれる空間を演出する大きな窓や吹き抜けなどを取り入れ、快適な暮らしを実現しています。キッチンや収納スペースも設計に配慮し、家事を効率的にこなせるようになっています。

また、ライフスタイルに合わせた間取りも選択可能です。6寸勾配の切妻屋根を採用しており、ダインコンクリートの外壁との組み合わせが魅力的です。

IS STAGEの住宅は、家族が集まるリビングやダイニング、プライベートな空間である寝室など、様々なニーズに応えられるように設計されています。

IS ROY-E(イズ・ロイエ)

IS ROY-Eは、積水ハウスが提供する高級住宅のシリーズの1つで、最高品質の設計と建設技術を利用して作られた住宅です。

上質な生活を求める人々に向けて設計されており、プライバシーやセキュリティーにも配慮がされています。IS ROY-Eは、広大な敷地に建ち、周囲を高い塀で囲んでおり、エントランスには来訪者を確認するシステムが備わっています。

また、室内には最新の設備や高級素材を使用し、居住空間は贅沢な仕上がりです。IS ROY-Eは、積水ハウスが最高峰の技術と品質を集約して作り上げた住宅であり、上質な生活を追求する人々に最適です。

機能性やデザイン性、品質に優れた要素が取り入れられており、安心して快適な上質な生活を実現できます。

Be Sai+e(ビー・サイエ)

Be Sai+eは、積水ハウスが提供する高性能・高機能な住宅シリーズです。シンプルでモダンな外観が特徴で、ライフスタイルに合わせた間取りや機能性が充実しています。

省エネルギー設計や耐震性能など、高品質で安全な住環境を提供しています。家族が快適に暮らすための設備や機能が多数用意されており、豊かな暮らしの実現が可能です。

Be Sai+eの設計には、家族が集うリビングやダイニングのスペースを最大限に活用するための工夫がされており、開放的な空間を実現しています。

さらに、収納スペースが豊富に備わっているため、家事を効率的にこなすことができます。高い品質と機能性を兼ね備えたBe Sai+eは、快適な住環境を求める人々に最適な住宅シリーズです。

Be mod+e(ビー・モード)

Be mod+eは、積水ハウスが提供する住宅シリーズの1つで、モダンなデザインが特徴的です。室内は広々としており、開放的なリビングダイニングが魅力的です。

また、多彩な設備が充実しており、快適な暮らしを実現できます。外観は、ラーや素材にこだわって、洗練されたデザインに仕上げられています。Be mod+eは、モダンな住宅を求める人々におすすめの住宅シリーズです。

平屋の季(ひらやのとき)

平屋の季は、一階建ての住宅シリーズで、家族の生活を快適にするための設計が特徴です。広々としたLDKや個室を備え、バリアフリーにも配慮しています。

動線にも無駄がなく、移動がスムーズで使い勝手が良いです。外観は、和風やモダンなデザインをはじめ、さまざまなタイプから自分に合ったデザインを選ぶことができます。

プランニングも柔軟で、自分のライフスタイルに合わせて、自由にカスタマイズが可能です。平屋の季は一階建ての住宅ではありますが、設備やデザイン、プランにおいて、家族の豊かな生活を実現するためにさまざまな工夫が施されている。

鉄骨3・4階建ての住宅

積水ハウスの鉄骨3・4階建て住宅は、2階に大きな窓を配置し、自然や空を感じながらスタイリッシュに暮らせます。

天井高の高さと吹き抜けにより、開放感あふれる豊かな空間デザインが取り入れられており、心地よいスペースを作り出しています。

高さ60mの高層ビルと同じ耐震基準で設計され、震度7相当の揺れにも倒壊しない耐震性能が特徴です。住まいをより広く快適にする工夫が多数施されており、プライバシーに配慮しながら大きな間口を設けるなどの工夫があります。

BIENA(ビエナ)

BIENAは、積水ハウスが提供する自然と空気感を大切にした住宅シリーズです。ナチュラルモダンスタイルを採用し、自然素材を使用した空間は落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

また、広々としたリビングやダイニングなどの家族が集まるスペースは、心地よく快適に過ごせるでしょう。省エネ性能にも優れており、太陽光発電や蓄電池システム、エコキュートなどが標準装備されています。

標準装備によって、家庭での電力使用量を大幅に削減することができます。BIENAは、自然光や風を取り入れ、健康的な生活をサポートする設計がされています。

大きな窓や吹き抜けのある空間が多く、開放感のある住まいです。自然と調和した生活を送りたい人には、ピッタリの住宅シリーズです。

BEREO PLUS(ベレオ・プラス)

BEREO PLUSは、積水ハウスが提供する住宅シリーズの1つで、各階の設計自由度が非常に高いことが特徴です。家族のライフスタイルに合わせて、自由なプランを実現できるため、夢のマイホームを建てることができます。

BEREO PLUSの設計自由度の高さは、建物の基礎や構造にも影響を与えています。各階にキッチンやバスルームを設けることができるため、家族のライフスタイルに合わせて使い勝手の良い間取りの作成が可能です。

BEREO PLUSは収益性の高さにも注目です。都市の希少な土地でも、賃貸や店舗併用などの用途に適応できるため、建物を資産として活用できます。

また、積水ハウスの高い品質基準により、長期間にわたって安心して利用できます。

積水ハウスの評判・口コミからわかるメリット5選

積水ハウスの評判・口コミからわかるメリットを5つ紹介します。

  • 耐震性・耐久性が高い
  • 間取り自由度が高い
  • 大手ハウスメーカーだから信頼性が高い
  • デザイン性を考慮した設計が良かった
  • アフターメンテナンスが手厚かった

実際に積水ハウスで家を建てた方の意見を参考にしてみましょう。

耐震性・耐久性が高い

我が家は、軽量鉄骨造の積水ハウスです。地震に強い!震度7の災害の時も、瓦は何枚か割れましたが、家屋に損傷はありませんでした。🏠の中も、本が落ちた位で、無事でした。

引用:Twitter

住宅メーカーでいいなと思っているのは、パナソニックホームズの鉄骨住宅です。外観がカッコいい。私は耐震性重視で積水ハウスで建てましたが、その当時パナの鉄骨住宅はありませんでした。車はbmw dでも乗ればいいと思います。

引用:Twitter

住宅メーカーでいいなと思っているのは、パナソニックホームズの鉄骨住宅です。外観がカッコいい。私は耐震性重視で積水ハウスで建てましたが、その当時パナの鉄骨住宅はありませんでした。

積水ハウスの注文住宅は、耐震性・耐久性に優れている点がメリットの1つです。10年以上研究して生まれた地震動エネルギー吸収システムのシーカスを採用しています。

シーカスの特徴は、地震のエネルギーを熱エネルギーに変換して吸収し、建物の変形量を1/2以下に抑えることが可能です。震度7クラスの地震にも対応できるため、高い耐震性能を誇っています。

日本は地震が多い国であるため、耐震性の高い住宅が手に入れられると、安心して生活ができるでしょう。

間取り自由度が高い

積水ハウスの評判・口コミには、間取りの自由度が高いというものがありました。積水ハウスは、豊富な実績を持っている一級建築士や専任のスタッフが設計やデザインを担当しています。

豊富な実績を持っているため、自分の家の間取りを実現できる可能性が高いです。マイホームの間取りをこだわりたい方は、積水ハウスがおすすめです。

大手ハウスメーカーだから信頼性が高い

積水ハウスのリホームは担当者が親身。いい専門店(職人)を知っている。ここが強い。物も見られ、工程も分かる。当り前・安心がある。値段は高いが問題ない
町の工務店さんは大らかだ。隣の駐車場オーナーからクレームを頂戴した。そしてフェンスが間に合わない、と。こういうのも好きだ

引用:Twitter

積水ハウスは、累計建築数が多く、国内のハウスメーカーの中で高い実績を誇っています。1960年の設立から培った建築ノウハウがあるからこそ、お客様が安心して積水ハウスを利用できます。

建築ノウハウをたくさん持っているため、マイホームを建てるときにも頼りになるハウスメーカーです。初めて住宅を建てるときには、大手のハウスメーカーの方が安心できます。。

デザイン性を考慮した設計が良かった

積水ハウスは、デザイン性を考慮した設計ができる点がメリットです。積水ハウスでは、1人1人の気分に合わせた「邸別自由設計」で提案してくれます。

優秀な設計士が揃っている中でも、チーフアーキテクトと呼ばれる設計士がいます。チーフアーキテクトは提案力やアドバイス力が優れているため、家を建てる際には、理想に近い家を実現できる可能性が高いです。

アフターメンテナンスが手厚かった

積水ハウスが高いというご意見がありますが、建てた後のアフターケアや家を使っている材料がしっかりしているという理由があるということを、積水ハウスで家を建てた友人が言っておりました。決める時の参考になりましたらm(_ _)m

引用:Twitter

積水ハウスでは、長期的に住宅を維持するために、専任スタッフの定期点検サービスを実施しています。メンテナンス状況や補修履歴を「いえろぐ」と呼ばれているシステムを使って、1邸ごとに管理しています。

そのため、工事するべき場所の情報や必要な材料などがわかるため、迅速な工事が可能です。

積水ハウスの評判・口コミからわかるデメリット4選

積水ハウスの評判・口コミからわかるデメリットを4つ紹介します。

  • 坪単価が高い
  • 営業の対応が良くない
  • しつこく営業してくる
  • カスタマーセンターの対応が悪い

積水ハウスのデメリットを理解した上で、注文住宅の建てるかどうか検討しましょう。

坪単価が高い

積水ハウスは他の大手ハウスメーカーより坪単価が高いため、「坪単価が高い」という口コミがありました。坪単価が高い点はデメリットですが、標準装備でも、他のハウスメーカーに比べて、高品質です。

追加でオプションをつける必要がないため、費用を抑えられる可能性もあります。他の大手ハウスメーカーと比較しながら、注文住宅を検討しましょう。

営業の対応が良くない

営業の対応が良くないという悪い口コミがありました。営業の対応が悪いと、営業される度に、不快感やストレスを感じる可能性が高いです。

マイホームを建てるときは、楽しい気分でいることがほとんどですが、営業の対応が悪いと、家を建てるときの気分も落ちていきます。

気持ちよく自分の家を建てるためにも、営業の対応が悪いときには担当者を変えてもらいましょう。

しつこく営業してくる

積水ハウスの悪い口コミには、しつこく営業してくるというものがありました。相手は家を売ることが仕事なので、営業をかけられることは仕方ありません。

しかし、営業がしつこいと、顧客側もいい気分はしないでしょう。営業担当の方には、丁寧に断り、自分の意見を伝えることが大切です。

もし、それでもしつこい場合は、別の担当者に交代してもらう方法があります。お互いいい気分で、契約するためにも、自分の意見を伝え、無理な勧誘に巻き込まれないようにしましょう。

カスタマーセンターの対応が悪い

積水ハウスでは、カスタマーセンター対応が悪いという口コミがありました。カスタマーセンターの対応が悪いと、積水ハウスの顧客満足度にも関わる大きな問題になります。

積水ハウスは大手のハウスメーカーなので、対策をしっかり行っている可能性があります。担当していたカスタマーセンターの対応が悪かっただけで、他の人の対応はいい可能性もあります。

積水ハウスのカスタマーセンターの対応の改善に期待しましょう。

積水ハウスで住宅を購入した実例を紹介

積水ハウスで住宅を購入した実例を5つ紹介します。

  • 実例①:積水ハウス「イズ・ロイエ」30坪|2階建て
  • 実例②:積水ハウス「イズ・ロイエ」40坪|2階建て
  • 実例③:積水ハウス「里楽」50坪|平屋
  • 実例④:積水ハウス「里楽」30坪|平屋
  • 実例⑤:積水ハウス「ビエナ」70坪|3階建て

実例を確認しながら、マイホームを建てるときの参考にしましょう。

実例①:積水ハウス「イズ・ロイエ」30坪|2階建て

引用:積水ハウス公式サイト「建築実例」

イズ・ロイエの住宅は、夫と妻のそれぞれの要望を取り入れた注文住宅です。

外とつながりのあるピットリビングが主人の要望であり、天井まで広がる木質感やスタイリッシュなキッチン周りは、妻のセンスから生まれています。

家族や友人が集まる時でも居心地が良い、日々の生活にも配慮された住宅です。床にはアカシアの素材を使用し、天井にも木材を使用することで、くつろぎ感を与えています。

キッチンにはセラミック天板が使用され、妻のこだわりであるオープン棚も設置されています。2WAYの玄関を設置しており、帰宅後は折れ戸の向こうのシューズクロークに上着を掛け、玄関ホールで手洗いができる設計です。

実例②:積水ハウス「イズ・ロイエ」40坪|2階建て

引用:積水ハウス公式サイト「建築実例」

40坪の2階建ての家は7歳、4歳、1歳の元気な子供たちにとって、家全体が遊び場です。ステージリビングは、子供たちが飛び降りて遊んだり、長男がピアノを練習する場所にもなっています。

ファミリーステーションには、子供たちが宿題をしたり、おもちゃをしまったりする場所があり、片付ける意識を育めます。

家事もしやすく、回遊動線が整備されているため、玄関からキッチンまでの移動がスムーズです。子供たちはかくれんぼや追いかけっこなどを楽しんでいます。

また、書斎スペースは吹き抜け越しに窓があるため、外の景色を楽しみながら考え事をするのに最適です。子供たちと家族みんなが快適に過ごせる家となっています。

実例③:積水ハウス「里楽」50坪|平屋

引用:積水ハウス公式サイト「建築実例」

里楽の50坪の平屋は、広々としたリビングや家事をラクにするための設備、多くの収納スペースを希望された方の要望を元に設計されています。

150坪の敷地を最大限に活用するため、リビングは南東角に配置され、テラスも含めた広い空間が特徴的です。キッチンは住まいの中央に配置し、洗濯室も近くに設けて家事動線を簡単にしています。

また、収納スペースもたくさんあり、暮らしやすさをサポートしています。

ステージリビングには学習や在宅ワークができるカウンターが設置され、家族専用通路にはお子様の作品を飾ることができるカウンターも特徴的です。

実例④:積水ハウス「里楽」30坪|平屋

引用:積水ハウス公式サイト「建築実例」

里楽の平屋は、小学生のお子様2人とご夫婦が住んでおり、延床面積は29坪です。家の中でのポイントは、タイル張りのボックス状の壁で、仕切りや建具を少なくして広々とした空間を演出している点です。

くつろぎのスペースと水まわりを区切り、家事効率を高めています。床にはスギの無垢材を使用し、建具やキッチンの腰壁にはシナ材を採用しています。

リビングからつながるデッキでは、バーベキューを楽しむためのテラスもあり、夏はプールで遊ぶこともできるでしょう。

天井補強を施し、将来的には子ども部屋を2つに仕切れるようにしています。暮らしていくうちに便利さを実感できるシンプルな家です。

実例⑤:積水ハウス「ビエナ」70坪|3階建て

引用:積水ハウス公式サイト「建築実例」

ビエナの70坪3階建ては、都市に囲まれた場所にありながら、自然を豊富に取り入れた設計が特徴の住宅です。建物の中央にはコートと呼ばれる中庭があり、周囲の部屋から開口部が設けられています。

コートを囲むように3階建ての住宅が建ち、外部からの視線を遮りプライバシーを確保するプランとなっています。

コートの風景は、各部屋から異なるものが見え、自然の中で暮らすような感覚を味わえるでしょう。また、2階には広いバルコニーが設けられ、家具を置いてゆったりとくつろげます。

都市のセキュリティにも配慮しながら、自然と調和した潤いのある暮らしを実現した住宅です。

積水ハウスで注文住宅を購入する際の注意点

積水ハウスで注文住宅を購入する際の注意点は下記の4つです。

  • 周辺環境を確認する
  • 耐震性を確認する
  • 見積もりの内容を入念に確認する
  • 住宅ローンについて理解する

積水ハウスの注文住宅を購入したあとに、後悔しないためにも、注意点を理解しておきましょう。

周辺環境を確認する

注文住宅を購入する際には、周辺環境を確認することが重要です。周辺環境には、周囲の住民や商業施設、公園や自然環境などが含まれ、住居環境に大きな影響を与えます。

たとえば、学校や公園が近くにある場所は、子育て世帯にとっては魅力的な環境です。また、治安の良い地域である場合、安心して生活できるでしょう。

一方、工場や大通り沿いなどの騒音が多い場所は、ストレスがたまりやすく、住居環境に影響を与えることがあります。

周辺環境は、積水ハウスで注文住宅を購入する際に考慮すべき重要な要素です。周囲の住民や商業施設、公園や自然環境などを確認し、住み心地の良い環境を選ぶことが大切です。

耐震性を確認する

耐震性の確認が家を選ぶ上で非常に重要です。十分な耐震性がある住宅を選ぶことで、地震の被害を最小限に抑えられます。特に、日本は地震の多い国であるため、耐震性の高い住宅を選ぶことは、家族の安全も守ることにつながります。

地震が発生した際に、住宅が崩壊したり倒壊したりすることを防ぐために、耐震性が強い住宅を選ぶことが大切です。地震の多い日本で、安全で快適な住宅を手に入れるためには、しっかりと耐震性を確認しましょう。

見積もりの内容を入念に確認する

見積もりの内容を入念に確認して、住宅の契約を行いましょう。見積もりは住宅を建てる上で重要であり、細部までしっかりと確認することでトラブルや追加費用の発生を防ぐことができます。

見積もりは、建築材料や工事費用、設備機器など、住宅を建てる上で必要な費用の詳細が記載された資料です。住宅を建てる際には多額の費用が必要となるため、見積もりの内容が不十分であると、後々追加費用が発生することもあるでしょう。

たとえば、見積もりには含まれていなかった外構工事やエクステリア工事が、建築が終わってから発覚し、後から追加費用が発生することがあります。

住宅を建てる上で必要な費用の詳細が記載された見積もりは、トラブルや追加費用の発生を防ぐために、細部までしっかりと確認することが必要です。

住宅ローンについて理解する

注文住宅を購入する前に、住宅ローンについて理解しておくことが重要です。住宅ローンは、住宅を購入するために必要な融資であり、返済期間や金利、借り入れの限度額などが決まっています。

住宅ローンを理解することで、自分の返済能力に応じたプランを選択でき、負担を軽減できます。たとえば、住宅ローンの金利は、借り入れの期間が長ければ長いほど金利が高くなる傾向があります。

住宅ローンは、自分の返済能力やライフプランに合わせて計画的に利用することが大切です。積水ハウスで注文住宅を購入する際には、住宅ローンについての理解を深め、返済計画を立てましょう。

借入金額の目安は返済負担率が25%

住宅ローンの借入金額の目安は、返済負担率が25%です。住宅ローンで借りられる金額は、勤め先や年収によって異なります。

返済負担率の他にも、借入金額を把握するために参考となる数字が年収倍率です。年収倍率は、家を買う際の所要資金が現在の年収の何倍かを算出したものです。返済負担率についてもっと詳しく知りたい方は、下記のリンクから確認しましょう。

住宅ローンの毎月の返済額の平均や目安の計算方法、シミュレーションの活用方法も解説⇒

金利の種類を把握する

金利の種類には下記の2種類があります。

  • 固定金利
  • 変動金利

固定金利は、返済期間中の金利が一定になる方法です。変動金利は、返済期間中の金利が一定ではなく変動する方法になります。

金利が一定ではない分、固定金利よりも金利が低く設定されている場合が多いです。固定金利は返済金額が一定のため、将来まで安心して返済できます。変動金利は、借入を始めたばかりの方で返済額を抑えたい方におすすめの方法です。

積水ハウスの坪単価に関するよくある質問

積水ハウスの坪単価に関するよくある質問は下記の3つです。

  • 積水ハウスの坪単価は100万円以内で収まる?
  • 積水ハウスの製品の中で坪単価が安いシリーズはどれ?
  • 積水ハウスで平屋の住宅を建てる場合の坪単価はどれくらい?

それぞれ坪単価の質問に答えていきます。

積水ハウスの坪単価は100万円以内で収まる?

積水ハウスの坪単価は、100万円以下で収まります。坪単価が100万円の商品もありますが、標準装備は100万円以下の商品が多いです。

積水ハウスの製品の中で坪単価が安いシリーズはどれ?

積水ハウスの製品の中で坪単価で安いシリーズは、Beシリーズです。

Beシリーズは下記の3種類です。

  • BeSai+e(ビー・サイエ)
  • Bemod+e(ビーモード)
  • emod+e gent(ビーモード ジェント)

Beシリーズの坪単価は、約60万円〜80万円です。坪単価が高い積水ハウスですが、比較的安い坪単価になります。

積水ハウスで平屋の住宅を建てる場合の坪単価はどのくらい?

積水ハウスで平屋を建てる場合、坪単価は55~90万円です。他のハウスメーカーと比べて、積水ハウスの方が安い場合があります。

しかし、平屋の特徴をしっかり理解する必要があります。平屋のメリットは移動が楽にでき、耐震性能が高い点です。

広い土地が必要になるため、固定資産税が高いことや外から侵入されやすい点がデメリットです。平屋のメリットとデメリットを理解して上で検証しましょう。

まとめ

本記事では、積水ハウスの坪単価や商品プラン、メリット・デメリットについて解説しました。

積水ハウスの坪単価と坪数・建築価格は下記の通りです。

坪単価坪数建築価格
60〜100万円30坪2,400〜2,550万円
35坪2,800〜2,975万円
40坪3,200〜3,400万円
45坪
50坪4,000〜4,250万円

ぜひ参考にしてみてください。

家づくりのプラン作成を検討している方には「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです!

  • 最短30分で家づくりのギモン解決!
  • 株式会社NTTデータの100%子会社が運営する安心感・信用度
  • 専門アドバイザーを介して手間を軽減し最適なハウスメーカーへ相談

「HOME4U 家づくりのとびら」はオンラインで注文住宅のご希望をヒアリングし、専門アドバイザーがお客様の立場で最適なハウスメーカーを紹介!

間取り・資金計画・土地探しなど、あなたのお悩みを整理し理想の注文住宅のプランを無料作成いたします。

\\妥協しない暮らしを叶える第一歩を//

 

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /