スズキハウス最悪?坪単価や良い評判、悪い口コミと注文住宅・建売・平屋の価格

promotion

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでしまった)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。



はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件良く高品質の住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては1,000万円以上の大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物。 一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめて下さい

「情報収集しすぎ」と家族や友人に言われるくらいで丁度良いのです。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いでしょう。

そんな背景もあり、昨今では、条件にあった住宅メーカーにまとめて資料請求を依頼できる「一括カタログサイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

①SUUMO

不動産最大手ポータルサイトSUUMOが運営。独自のネットワークを活かし全国の地域に特化した工務店の資料を取り寄せることが出来る。坪単価も安く高品質な工務店が多いのが特徴。

②HOME4U家づくりのとびら

信頼の「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選されたハウスメーカーを中心にカタログ請求できる。自分たちだけの家づくりプランも完全無料で作ってくれるのは非常に大きなメリット。1度は必ず利用したい。

③LIFULL HOME’S 東証プライム上場企業「LIFULL」が運営。SUUMOと2強の大手不動産ポータルサイトだけあり、厳しい審査を通過した住宅メーカーのみが加盟。特にローコスト住宅に強く、ローコスト住宅も検討したい方におすすめ。

この3サイトはどれも、日本を代表する大手企業が運営しているため審査が非常に厳しく悪質な住宅メーカーに当たるリスクを避ける事ができます。

また、カタログを取り寄せたからといって無理な営業もなく気軽に利用でき非常にメリットが大きいサービスです。

3サイトの中でどれか1つ使うなら、

MEMO
工務店をメインに探したい方は・・・SUUMO

ハウスメーカーにこだわりたい方は・・・家づくりのとびら

ローコスト住宅をメインで考えている方は・・・LIFULL HOME’S
を使っておけば間違いないでしょう。

また、より慎重に絶対に失敗したくない方は絶対に工務店、絶対にハウスメーカーと決めつけずに1社でも多くの会社から資料を取り寄せてしまいうのがおすすめです。

「ハウスメーカーで考えていたけど、工務店の方が理想な家づくりが出来るし高品質だった」

「工務店で考えていたけど、意外と安く建てられる思いもよらないハウスメーカーと出会えた」

このような事は非常に多くあります。

また、なるべく多くの会社で資料を取り寄せることでメーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

後から取り返しのつかない後悔をしないよう、家を建てるときには面倒くさがらず1社でも多くのカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

MEMO
SUUMO・・・工務店のカタログ中心
家づくりのとびら・・・ハウスメーカーのカタログ中心
LIFULL HOME’S・・・ローコスト住宅のカタログ中心

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒


【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒


【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

スズキハウスは、1974年に住宅事業をスタートし、長い歴史を誇るハウスメーカーです。ツーバイフォー工法の住宅や鉄骨造の平屋、狭小地向けのコンパクト住宅などを提供しています。

スズキハウスに興味を持っていて、「良い評判や悪い口コミを知りたい」「坪単価や他社との違いを把握したい」といった疑問を抱いている方も多いようです。

結論から、先にお伝えするとネット上に一部の悪い口コミはどんな会社にも必ずあるもの。

スズキハウスは良い住まいを提供している会社です。

この記事では、スズキハウスの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

記事を読むことで、スズキハウスの評価や信頼性が明確になり、ハウスメーカーを選ぶ際に役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

スズキハウスはやばい?家を建てた人の良い評判と悪い口コミ

ここでは、スズキハウスの良い評判と悪い口コミについて紹介します。

スズキハウスで家を建てた人の良い口コミ・評判

ライオン先生

あまりモダンすぎずスタイリッシュなデザインに仕上がって満足しています。

丘の上にあるため、景色が良く、とても開放的です。

スズキハウスに決めた理由は、自分たちにぴったりのプランで担当の方が親切で説明がわかりやすかったためです。

理想が詰まった家が完成して、とても快適です。

住み心地が良いので旅行へ行く機会も減りました。

窓が大きいのでリビングがいつも明るく、吹き抜けがあって開放感があります。

キッチンなどの設備も使いやすいと思います。

ライオン先生

初めてのマイホームでしたので、疑問や不安がたくさんありましたが、担当者の方が非常に親切に説明してくださいました。

また、私たちの条件をしっかりと踏まえて、魅力的なプランを提案してくださいました。

庭があるので、友人や家族とバーベキューを楽しむことができます。

あと、子供と一緒に遊ぶこともできるので、家での時間を存分に楽しめています。

夏は涼しく、冬も暖かく感じられるので、とても快適です。

ライオン先生

スズキハウスを選んだ理由は、担当者の説明がわかりやすかったことと、私たちの条件に合っていたからです。

歴史もあるので安心感もありました。

子供が小さいので、2階に広いファミリースペースを設け、将来的に2部屋に分けられるようにしました。

リビングも広くし、どこからでも子供を見守れるように配慮しています。

子供と一緒に庭で遊んだり、ボール遊びを楽しんでいます。

心地よい生活ができて大変満足しています。

ライオン先生

親戚や友人を招くことが多いので、リビングダイニングを広くしました。

あと、パントリーやシューズクロークなどの収納スペースを増やし、物が散らかることなくスッキリとしています。

担当の方は、私たちの質問にしっかりと答えてくださったので安心できました。

間取りや設備を決めるプロセスは大変でしたが楽しかったです。

風通しが良く、夏は涼しいです。

床暖房があるので冬も暖かく快適です。

玄関の吹き抜けはとても開放感があり、とても広く見えます。

リビングの隣に和室をつくったのは正解でした。

子供たちも気に入っていて、一緒にくつろいだり遊んだりできます。

ライオン先生

1階をワンフロアにして開放的な空間をつくりました。

自宅でテレワークや読書、勉強がスムーズに行えるように、書斎も設けました。

対面キッチンにカウンターがあり、そこで食事をすることもあります。

空気がきれいだと思いますし、雨の日でもじめじめとした湿気を感じることは、以前の賃貸住宅と比べて少なくなりました。

スズキハウスは価格がそれほど高くありませんし、プランが魅力的だったのが決め手です。

担当の方も親身に相談に乗ってくれたので、安心して進めることができました。

やばい?スズキハウスで家を建てた人の悪い口コミ・評判

ライオン先生

家自体は問題がないと思いますし、欠陥もありません。

でも、アフターサポートの対応が遅いときがありました。

あと、家を建てる段階から担当者の連絡が遅いことがあり、その点が不満です。

ライオン先生

「スズキハウスは最悪」という口コミもあるようですが、住んでいてそんなことは感じません。

ただ、もう少し保証やアフターサポートが充実していたら大満足です。

ライオン先生

歴史があるハウスメーカーだと思いますし、家の性能には特段不満はありません。

欲を言えば、設備にもう少し高級感があれば嬉しかったです。

価格相応と言われればそれまでですし、最悪と感じるほどの不満ではありませんが、もう少し期待していたという感じです。

ライオン先生

価格自体はそれほど高くないようですが、いくつかオプションを追加すると結構高くなります。

家の満足度は上がりますが、「思ったより高いな」という印象を受けます。

ライオン先生

営業の方の説明がわかりづらいと感じました。

連絡も遅いときがあったので、その印象が残っています。

長期保証がないのも残念に感じます。

スズキハウスに関して、「担当者が親身に相談に乗ってくれる」「魅力的なプラン」「快適な室内環境」といった良い評判が見られます。

一方で、「担当者の連絡が遅い」「保証やアフターサポートに不満がある」「設備に高級感がない」といった悪い口コミも見受けられます。

スズキハウスを選ぶ際には、特徴や坪単価だけでなく、良い評判や悪い口コミも含めて総合的に判断することが大切です。

また、保証やアフターサポートについては、事前に内容をしっかりと把握しておきましょう。

設備に関しては、ショールームなどで確認することができます。

これにより、入居後に後悔するリスクを軽減できます。

担当者の連絡が遅い場合は、いつ連絡があるのか確認したり、事務所に連絡して相談することが有効です。

スズキハウスの坪単価は50万円〜70万円

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

スズキハウスの公式サイトには、坪単価に関する情報は掲載されていません。

ただし、スズキハウスの商品や口コミを参考にすると、坪単価はおおよそ50万円〜70万円程度と推測されます。

この価格帯は、ハウスメーカーの中では平均的なものです。

仮に、坪単価50万円〜70万円で35坪の家を建てる場合、建築費用はおおよそ1,750万円〜2,450万円程度になります。

以下は、坪単価が50万円〜70万円の場合における、坪数別の建築費用の一覧です。

坪数建築費用の目安
25坪1,250万円〜1,750万円
30坪1,500万円〜2,100万円
35坪1,750万円〜2,450万円
40坪2,000万円〜2,800万円

※実際の金額とは異なる場合があります。

【商品別】スズキハウスの坪単価と特徴、総額をシミュレーション

ツーバイフォー住宅:予想坪単価50万円〜

出典:スズキハウス

スズキハウスの「ツーバイフォー住宅」は、静岡県西部と愛知県東部エリア限定の商品です。

ツーバイフォーは、六面体構造で外部からの力を面で受け止めて分散させることができます。

また、間取りや仕様は自由に設定できるため、理想の家づくりを追求することが可能です。

規格住宅:予想坪単価

出典:スズキハウス

スズキハウスの規格住宅は、以下の3つのタイプが用意されています。

  • ヴィプラⅡ:静岡県西部と愛知県東部エリアでのみ販売されており、ベースプランや外壁、屋根、間取りなどの各要素を自由に選択し、カスタマイズできるのが特徴。
  • シャル:平屋×コテージ。在来軸組工法を採用し、ライフスタイルに合わせた間取りプランを選択できる。
  • シャルスモール:狭小地に適したコンパクトな住宅。24種類のプランから選択可能。

予想坪単価は50万円〜です。

平屋建住宅:予想坪単価50万円〜

出典:スズキハウス

スズキハウスの平屋建住宅は、以下の2つのタイプが用意されています。

  • モダムウッド:木造の平屋建住宅で、切妻タイプと寄棟タイプを提供。
  • モダム:鉄骨造で強靭な構造躯体を備えた平屋建住宅。

比較的コンパクトな間取りで、ワンフロアにまとまっているため家事動線もスムーズです。

予想坪単価は50万円〜です。

スズキハウスの平屋の特徴と価格帯

スズキハウスは、木造の「モダムウッド」と鉄骨造の「モダム」の2つのタイプの平屋を提供しています。

モダムウッドには、使いやすい最新設備が標準装備され、収納も豊富に用意されています。

また、15.03坪〜16.03坪といった比較的コンパクトな間取りが中心です。

一方、モダムは、軽量鉄骨軸組ブレース構造や土台換気方式、壁の通気構法、吹付け硬質ウレタンフォームなどによって、堅牢性と快適性を備えています。

モダムウッドに比べ、モダムの間取りのバリエーションは豊富です。

予想坪単価は50万円〜となります。

スズキハウスの建売住宅の特徴と価格帯

スズキハウスは、建売住宅(分譲住宅)も提供しています。

建売住宅の魅力は、完成した住宅を見学でき、契約後は即入居が可能なことです。

部屋の広さ、日当たり、風通し、収納の広さ、天井の高さ、コンセントの数や位置、景色、周辺環境などを十分に確認した上で、購入の判断ができます。

また、スズキハウスは分譲地(土地)も取り扱っているため、土地から探すこともできます。

スズキハウスの建売住宅の予想坪単価は50万円〜です。

スズキハウスは安い?高い?買うべきかをプロが解説

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

スズキハウスの坪単価は50万円〜70万円程度で、ハウスメーカーの中では平均的な価格帯と言えます。

一方で、坪単価が100万円を超えるハウスメーカーも存在しますので、そういったハウスメーカーと比較すると、スズキハウスは比較的安価に感じるでしょう。

スズキハウスは1974年に住宅事業を開始し、50年以上の歴史を持っています。

地震などに強いツーバイフォー工法の住宅や鉄骨造の平屋住宅、狭小地に適した住宅などを展開しています。

坪単価が50万円〜70万円程度のハウスメーカーを検討している場合は、スズキハウスを含めて複数のハウスメーカーを比較してみるとよいでしょう。

比較することで、自身のニーズに最適なハウスメーカーが見つかる可能性があります。

スズキハウスで家を建てるのに必要な他の費用

スズキハウスで注文住宅を建てる場合、50万円〜70万円程度の坪単価とは別に、以下の費用を考慮する必要があります。

  • 土地の購入費用:土地を購入する際にかかる費用
  • 諸費用:融資事務手数料、登記費用、司法書士報酬、印紙代などが含まれる費用
  • 付帯工事費:外構工事、電気工事、ガス工事、地盤改良工事などにかかる費用
  • オプション費用:オプション仕様や設備に変更する場合にかかる費用

坪単価だけでなく、土地の購入費用、諸費用、付帯工事費、オプション費用などを考慮して、資金計画を立てましょう。

スズキハウスのアフターサービスと保証

  • 10年保証:スズキハウスの住宅では、建物の構造躯体に関しては10年間の保証が提供されています。また、物件引き渡し後から、3ヶ月、1年、2年、5年、10年のタイミングで専任のサービスマンによる無料点検が行われます。
  • 検査体制:基礎検査、上棟検査、完了検査が実施され、物件が引き渡されます。
  • 電話サービス相談:スズキハウスでは、電話でのサービス相談を提供しており、住まいに関する疑問や不明点があれば、いつでも相談できます。
  • リフォーム相談:スズキハウスはリフォームに関する相談も受け付けており、将来的に家族構成やライフスタイルの変化でリフォームが必要になった場合でも、すぐに相談できるので安心です。

スズキハウスの実例

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

実例1 アドオン

出典:スズキハウス

対面キッチンが採用されており、リビングの様子を見ながら料理が可能です。

また、リビング横に階段が設置されており、家族が顔を合わせやすい間取りになっています。

外観はブルー系のデザインで、街並みに馴染んでいます。

実例2

出典:スズキハウス

外観は白を基調としたデザインです。

2階にはカウンターが備えられており、テレワークや勉強などが可能です。

リビングはシックな雰囲気が漂っています。

実例3

出典:スズキハウス

外観デザインは重厚感があり、存在感が際立ちます。

また、リビングには多くの窓があって開放感があり、フローリングはホワイトベースで清潔感が漂います。

スズキハウスの対応地域

  • 東北エリア(宮城県)
  • 関東エリア(茨城県、群馬県、埼玉県、神奈川県、栃木県)
  • 中部エリア(静岡県、愛知県)
  • 近畿エリア(兵庫県)
  • 中国エリア(広島県、島根県、岡山県)
  • 四国エリア(高知県)
  • 九州エリア(福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県)
    ※()内はショールームや営業所がある地域

スズキハウスのショールーム・住宅展示場一覧

  • スズキハウス宮城
  • 茨城営業所
  • 群馬営業所
  • 埼玉営業所
  • 神奈川営業所
  • スズキハウス栃木
  • ハウスガーデンパラ
  • サクライハウジングサービス
  • 袋井営業所
  • 高丘営業所
  • 伊場営業所
  • 浜松東営業所
  • 三河営業所
  • 名古屋営業所
  • 半田ガーデンピア
  • 美和ホーム
  • ティーワンホーム
  • 田中工務店
  • 広島営業所
  • スズキハウス南国
  • 西村ホームサービス
  • スズキハウス大分西
  • スズキハウス西日本
  • スズキハウス大南
  • スズキハウス宮崎など

スズキハウスで家を建てるメリット

  • 歴史がある:スズキハウスは、1974年に住宅事業をスタートし、50年以上の歴史を誇ります。長い歴史があるため安心感があります。鉄骨造の平屋を提供:スズキハウスの「モダム」は鉄骨造の平屋で、鉄骨軸組ブレース構造により、強靭な構造体を備えています。また、木造の平屋「モダムウッド」も提供しています。
  • 狭小地向けの住宅がある:スズキハウスの「シャルスモール」は、狭小地向けのコンパクトな住宅です。
    スクエアタイプのシンプルな外観で、片流れ屋根が特徴です。
    コンパクトなので冷暖房効率が良く、メンテナンス費用などのランニングコストも抑えられます。

スズキハウスで家を建てるデメリット

  • 対応できるエリアが限られている:スズキハウスは全国に営業所やモデルハウスを展開しているわけではないため、対応可能なエリアが限られています。
    例えば、中部エリアでは静岡県と愛知県に、近畿エリアでは兵庫県にしか営業所等がありません。
    そのため、「スズキハウスで家を建てたい」と考えていても、住んでいる場所によっては対応が難しい場合があります。
  • 保証・アフターサポートが物足りない:スズキハウスは、10年保証や電話サービス相談、リフォーム相談などを提供していますが、一部のハウスメーカーが提供する50〜60年の長期保証や24時間365日のコールセンター、オーナー専用Webサイトなどと比べると、やや物足りなさを感じます。

スズキハウスの会社概要

  • 会社名:株式会社スズキビジネス
  • ブランド名:スズキハウス
  • 代表者:山口 和樹
  • 創立:1967年12月6日
  • 資本金:1億1,000万円
  • 従業員数:481名(2023年3月末現在)
  • 住所:静岡県浜松市中央区篠原町21339 しのはらプラザ3F
  • 問い合わせ先:053-440-0860
  • 公式HP:https://www.suzuki-business.co.jp/house/

結論:スズキハウスは買うべき?やめた方がいい?

スズキハウスは、坪単価が50万円〜70万円程度で長い歴史を持つハウスメーカーを探している方にとって、魅力的な選択肢となるかもしれません。

また、ツーバイフォー住宅や鉄骨造の平屋に興味がある方にも適している可能性があります。

ただし、マイホームは高額な買い物となるため、複数のハウスメーカーを十分に比較検討してから最終決定することが重要です。

複数のハウスメーカーを比べることで、自分に合ったハウスメーカーを見つけやすくなり、失敗や後悔のリスクも軽減されます。

まとめ

この記事では、スズキハウスの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリットなどについて解説しました。

スズキハウスには、「親身に相談に乗ってくれる」「魅力的なプラン」といった良い評判や、「担当者の連絡が遅い」「保証やアフターサポートに不満がある」といった悪い口コミが見られます。

自分に合ったハウスメーカーを選ぶ際には、坪単価や特徴、メリット・デメリット、評判や口コミなどを総合的に判断することが重要です。

また、マイホームは高額な買い物ですので、複数のハウスメーカーのモデルハウスなどを見学し、比較することが重要です。

スズキハウスに興味がある方は、ぜひこの機会に資料請求やモデルハウス見学を行ってみてください。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /