ウッドフレンズで失敗?坪単価や良い評判、悪い口コミと注文住宅・建売・平屋の価格

promotion

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでしまった)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。



はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件良く高品質の住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては1,000万円以上の大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物。 一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめて下さい

「情報収集しすぎ」と家族や友人に言われるくらいで丁度良いのです。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いでしょう。

そんな背景もあり、昨今では、条件にあった住宅メーカーにまとめて資料請求を依頼できる「一括カタログサイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

①SUUMO

不動産最大手ポータルサイトSUUMOが運営。独自のネットワークを活かし全国の地域に特化した工務店の資料を取り寄せることが出来る。坪単価も安く高品質な工務店が多いのが特徴。

②HOME4U家づくりのとびら

信頼の「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選されたハウスメーカーを中心にカタログ請求できる。自分たちだけの家づくりプランも完全無料で作ってくれるのは非常に大きなメリット。1度は必ず利用したい。

③LIFULL HOME’S 東証プライム上場企業「LIFULL」が運営。SUUMOと2強の大手不動産ポータルサイトだけあり、厳しい審査を通過した住宅メーカーのみが加盟。特にローコスト住宅に強く、ローコスト住宅も検討したい方におすすめ。

この3サイトはどれも、日本を代表する大手企業が運営しているため審査が非常に厳しく悪質な住宅メーカーに当たるリスクを避ける事ができます。

また、カタログを取り寄せたからといって無理な営業もなく気軽に利用でき非常にメリットが大きいサービスです。

3サイトの中でどれか1つ使うなら、

MEMO
工務店をメインに探したい方は・・・SUUMO

ハウスメーカーにこだわりたい方は・・・家づくりのとびら

ローコスト住宅をメインで考えている方は・・・LIFULL HOME’S
を使っておけば間違いないでしょう。

また、より慎重に絶対に失敗したくない方は絶対に工務店、絶対にハウスメーカーと決めつけずに1社でも多くの会社から資料を取り寄せてしまいうのがおすすめです。

「ハウスメーカーで考えていたけど、工務店の方が理想な家づくりが出来るし高品質だった」

「工務店で考えていたけど、意外と安く建てられる思いもよらないハウスメーカーと出会えた」

このような事は非常に多くあります。

また、なるべく多くの会社で資料を取り寄せることでメーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

後から取り返しのつかない後悔をしないよう、家を建てるときには面倒くさがらず1社でも多くのカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

MEMO
SUUMO・・・工務店のカタログ中心
家づくりのとびら・・・ハウスメーカーのカタログ中心
LIFULL HOME’S・・・ローコスト住宅のカタログ中心

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒


【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒


【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

ウッドフレンズは、愛知県を中心に展開しているハウスメーカーで、上場企業が運営しています。耐震性や断熱性が高く、コストパフォーマンスが優れていることから、多くの人から選ばれています。

しかし、ウッドフレンズを検討していて、「悪い評判や口コミは?失敗した人はいない?」「坪単価や特徴は?」など、疑問を抱えている方もいるでしょう。

結論から、先にお伝えするとネット上に一部の悪い口コミはどんな会社にも必ずあるもの。

ウッドフレンズは良い住まいを提供している会社です。

この記事では、ウッドフレンズの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、アフターサポートなどについて詳しく解説します。

記事を通じて、ウッドフレンズの信頼性や特徴を理解でき、自分に合ったハウスメーカーかどうかを判断しやすくなりますので、ぜひ参考にしてください。

ウッドフレンズで失敗?家を建てた人の良い評判と悪い口コミ

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

ここでは、ウッドフレンズの良い評判や悪い口コミについて見ていきましょう。

ウッドフレンズで家を建てた人の良い口コミ・評判

ライオン先生

ウッドフレンズの家を購入しましたが、特に不具合やトラブルなどはありません。

担当の人も丁寧に対応してくださいました。

家事動線の良い間取りを選んだこともあり、料理や掃除などもスムーズに行えています。

収納も十分だと思いますし、真夏や真冬でも比較的過ごしやすいと感じます。

ライオン先生

価格はとても安いわけではありませんが、高くもありません。

長期優良住宅対応なので、性能は良いと思います。

100%ではありませんが、概ね全体的に満足しています。

担当スタッフの方も親身になって相談に乗ってくれました。

使っている木材も良い雰囲気ですし、間取りも気に入っています。

ライオン先生

3〜4社のハウスメーカーを検討していましたが、モデルハウスの雰囲気や価格、性能でウッドフレンズに決めました。

営業スタッフの方が親切だったのもポイントです。

価格は安い方だと思いますし、断熱性や耐久性なども良いです。

家の中の温度がとても快適で、過ごしやすいと感じます。

キッチンなども使いやすく、とても満足しています。

ライオン先生

ウッドフレンズの家を購入して1年以上経ちますが、特に問題はありません。

間取りも使いやすいと思いますし、キッチンや洗面化粧台、浴室などの設備もトラブルはありません。

子どもたちもとても気に入っていて、家時間がとても楽しいです。

何かわからないことや困ったことがあったときは、ウッドフレンズに連絡すればすぐに解決します。

家を建てて本当に良かったです。

ライオン先生

ウッドフレンズに決めた理由は、何気なく入ったモデルハウスの雰囲気がとても良かったからです。

あと、ひのきなどを使用していて、断熱性も良く、担当してくれた人も親切で説明がわかりやすかったです。

ウッドフレンズより安いハウスメーカーもありましたが、価格と性能のバランスを重視して選びました。

ライオン先生

ウッドフレンズの家を購入してだいぶ経ちますが、今のところ不具合などはありません。

ハイグレードなハウスメーカーと比べると、設備や保証などは見劣りしますが、価格が違うため仕方がありません。

でも、価格相応の仕様やサービスは提供していると思います。

冬も思ったより寒くありません。

ライオン先生

購入して5年くらい経っていますが、結構快適です。

窓を閉めれば外の音は聞こえないですし、家の動線も良く、使いやすいと感じます。

設備も故障や不具合は出ていません。

定期点検もありましたし、担当の人も良い感じでした。

住み心地も良いので、特に不満はありません。

やばい?ウッドフレンズで家を建てた人の悪い口コミ・評判

ライオン先生

対応が遅いと感じます。

問い合わせやアフターサポート、手続きなど、いろんな対応が少し遅いので不満です。

家自体のコスパは悪くないと思いますが、とにかく対応のスピードをどうにかしてほしいです。

ライオン先生

ウッドフレンズの家は断熱性が良いと聞きますが、住んでいてあまりわかりません。

夏は暑いですし、冬は寒いです。

特に2階にいると感じます。

欠陥などはありませんが、本当に断熱性が良いのか疑問です。

ライオン先生

担当の方には、もう少し設備や仕様に関して詳しく説明してほしかったです。

価格はそれほど高くはありませんが、中身も価格相応だと思います。

なので、高級感のある家を求める方にはおすすめできません。

ライオン先生

最悪なトラブルや不具合はありません。値段もそんなに高くないと思います。

でも、対応が遅いときがあること、保証がそれほど充実していないことなど不満もあります。

ライオン先生

契約前と契約後で担当の熱心さが変わったと思います。

あと、キッチンなどの設備は普通でラグジュアリー感などはありません。

ライオン先生

「やばい」「ひどい」と思うような問題は起きていないですが、期待値が高かったこともあってか、「残念」と思うことがいくつかあります。

担当者の対応が遅かったですし、収納スペースは十分とは思いません。

夏はとても暑いですし、光熱費もまあまあかかります。

価格は普通だと思いますが、設備も一般的なものです。

ライオン先生

保証の期間が短いように思います。

それに、有料の工事をしないと、最大限保証期間を延ばすことができないそうです。

ウッドフレンズには、「断熱性が高い」「コストパフォーマンスが優れている」「担当者が親切」といった良い評判があります。

一方で、「対応が遅い」「性能に不満がある」「設備に高級感がない」といった悪い口コミもあります。

対応が遅いと感じた場合は、事務所に相談することが有効です。

状況が改善される可能性があります。

また、断熱性や気密性が高ければ、「真夏や真冬でも快適」「冷暖房はいらない」とは限りません。

室温がどの程度なのか、どのように感じるのかを確認するために、購入前にモデルハウスで体感してみることが重要です。

ウッドフレンズの坪単価は比較的安価なので、ハイグレードな設備は標準装備されていません。

設備のグレードを上げたい場合は、オプションを検討するなどの方法があります。

ウッドフレンズの坪単価は40万円〜60万円

ウッドフレンズの坪単価は、公式サイトには掲載されていませんが、口コミや商品情報を参考にすると、おおよそ40万円から60万円程度と推測されます。

この価格帯は、ハウスメーカーの中では比較的安価な部類に入ります。

例えば、坪単価40万円〜60万円で延床面積が30坪の場合、建築費用はおおよそ1,200万円〜1,800万円程度です。

以下は、坪単価が40万円〜60万円の場合の建築費用一覧です。

坪数建築費用の目安
25坪1,000万円〜1,500万円
30坪1,200万円〜1,800万円
35坪1,400万円〜2,100万円
40坪1,600万円〜2,400万円

※実際の金額とは異なる場合があります。

ただし、ウッドフレンズは定額制を採用しています。例えば、注文住宅の価格は1,980万円〜です。

また、実際に家を建てる際には、坪単価に加えて以下の費用が発生します。

  • 土地取得費用
  • 諸費用
  • 付帯工事費
  • オプション費用

これらの費用も考慮して資金計画を立てる必要があります。

【商品別】ウッドフレンズの坪単価と特徴、総額をシミュレーション

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

注文住宅:予想坪単価40万円〜60万円程度

出典:ウッドフレンズ

ウッドフレンズの注文住宅は、土台・柱・横架材に国産ひのき材を採用。

香りが良く、防虫・防蟻効果が高く耐久性に優れています。

さらに、無垢フローリングなどを使用しており、心地よい室内環境を実現しています。

耐震性能も最高ランクの3であり、地震に強いのも特徴です。

ウッドフレンズは長期優良住宅を取得しているため、税制面での優遇も受けることができます。

価格は定額制を採用しており、1,980万円〜です。

分譲住宅:予想坪単価40万円〜60万円程度

出典:ウッドフレンズ

ウッドフレンズは、分譲住宅も提供しています。

実際の建物を見学でき、即入居も可能です。

また、太陽光発電パネルを搭載することもできます。

3LDK〜4LDKを中心に展開しています。

ウッドフレンズの平屋の特徴と価格帯

ウッドフレンズでは、平屋を建てることも可能です。

ウッドフレンズの家は、高耐震パネル工法や金物工法により地震に強く、耐震等級3を取得しています。

また、Low-e複層ガラスや高断熱パネルによって、優れた断熱性・省エネ性を実現。

平屋は日常生活の中で階段の上り下りがなく、間取りが比較的コンパクトなので家事をスムーズに行えます。

予想坪単価は40万円〜60万円程度です。

ウッドフレンズは安い?高い?買うべきかをプロが解説

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

ウッドフレンズの坪単価は40万円〜60万円程度であり、ハウスメーカーの中では比較的安価です。

また、高耐震パネル工法を採用し、耐震等級は最高ランクであり、断熱性も優れています。

さらに、ベタ基礎や外壁通気工法を採用し、劣化対策等級も最高等級です。

土台・柱・横架材に国産ひのきを使用し、長期優良住宅も取得するなど、コストパフォーマンスが優れている点が魅力です。

そのため、「愛知県でコストパフォーマンスの良いハウスメーカーを探している」「価格と性能を重視したい」といった方にとって、特に魅力的な選択肢となるでしょう。

ただし、ウッドフレンズに決める前に複数のハウスメーカーを比較することが重要です。

複数社を比較することで、自分の条件により適したハウスメーカーが見つかる可能性があります。

ウッドフレンズで家を建てるのに必要な他の費用

注文住宅を建てる場合、坪単価(本体建築費用)に加えて、土地取得費用、諸費用、付帯工事費、オプション費用などが発生します。

そのため、資金計画を立てる際にはこれらの費用も含めて考慮する必要があります。

各費用の内容は、以下のとおりです。

  • 土地取得費用:土地を取得するのにかかる費用
  • 諸費用:事務手数料、登録免許税、不動産取得税、司法書士報酬、印紙税などを含む費用
  • 付帯工事費:外構工事、地盤調査、地盤改良工事、ガス工事、電気工事などにかかる費用
  • オプション費用:標準仕様からオプション仕様に変更する場合にかかる費用

各費用の見積もりを早めに確認し、資金のシミュレーションを行うことが大切です。

ウッドフレンズのアフターサービスと保証

  • 30年保証システム:ウッドフレンズは30年保証システムを提供しています。
    引き渡し後、10年間の保証が備わっており、有償メンテナンスを行うことで保証期間を最長30年まで延長することが可能。
    この保証は、屋根や柱などの構造耐力上主要な部分や雨水の侵入を防止する部分に適用されます。
  • 定期点検:ウッドフレンズでは、住宅引き渡し後、定期的な点検が行われます。
    引き渡し後の6ヶ月、2年、5年、そして10年目に実施。
    10年目以降は、5年ごとに点検が行われ、有償メンテナンスを受けた場合は無料で点検を受けることができます。
  • オーナー専用アプリ:ウッドフレンズは、オーナー向けに専用アプリ「CLUB WOOD FRIENDS」を提供しています。
    このアプリでは、住まいに役立つ情報やお得な情報を発信しています。
    主な情報は以下のとおりです。
    ・キャンペーン案内
    ・割引情報
    ・グループの優待サービス
    ・住まいのお手入れ方法
    ・インテリア商品やリフォーム情報
    また、アプリを通じて問い合わせることも可能です。
  • リフォーム相談:ウッドフレンズでは、リフォームに関する相談も受け付けています。
    家族構成やライフスタイルの変化などでリフォームを検討する場合は、電話やメールで気軽に相談することができます。

ウッドフレンズの実例

【工務店中心】SUUMOの無料カタログはこちら⇒

【ハウスメーカー中心】家づくりのとびらの無料カタログはこちら⇒

【ローコスト住宅中心】LIFULL HOME’Sの無料カタログはこちら⇒

実例1

出典:suumo

外観は片流れ屋根とモダンなツートーンのデザインが特徴的です。

対面式キッチンからはリビングの様子を眺めることができ、リビング横には階段が配置されています。

大容量のシューズクロークもあり、ゴルフバッグなども収納可能です。

実例2

出典:suumo

外観は重厚感のあるデザインです。

内装はナチュラルテイストで、リビング横に続く和室があり開放感があります。

キッチンは広々としており、十分な収納スペースが備わっています。

ウッドフレンズの対応地域

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

ウッドフレンズのショールーム・住宅展示場一覧

  • 名古屋東展示場(名古屋市)
  • 新家族展示場(名古屋市)
  • 地球世代展示場(名古屋市)
  • 名東展示場(名古屋市)
  • 刈谷展示場(刈谷市)
  • 瀬戸口駅北~街かどモデルハウス~(瀬戸市)
  • 南大高東 Part4~「新家族」街かどモデルハウス~(名古屋市)
  • 八ツ田町 Part2~街かどモデルハウス~(知立市)
  • 高森台 Part8~「新家族」街かどモデルハウス~(春日井市)
  • 下志段味 Part13~街かどモデルハウス~(名古屋市)

ウッドフレンズで家を建てるメリット

  • 上場企業が運営:株式会社ウッドフレンズは、東証スタンダード市場に上場しています。
    通常、上場企業は非上場企業と比べて信頼性が高く、安心感があります。
  • 地震に強い:ウッドフレンズは、木造軸組工法とツーバイフォー工法を組み合わせた高耐震パネル工法を採用。
    また、金物工法により接合強度を高めており、柱、梁、面材で支える地震に強い家を実現しています。
    ウッドフレンズの住宅は、耐震等級が3で最高ランクを取得しており、耐震等級1の1.5倍の耐震性を備えています。
  • 耐久性が優れている:ウッドフレンズでは、ベタ基礎や外壁通気工法を採用し、木材のシロアリ対策などを行うことで、優れた耐久性を実現しています。
    また、劣化対策等級は最高ランクの3を取得しています。
  • 高断熱住宅:ウッドフレンズの住宅は、Low-e複層ガラスやオリジナルの高断熱パネルを使用し、高い断熱性を実現。
    快適な室内環境を提供しており、光熱費の削減やヒートショックのリスク軽減などが期待できます。
  • 長期優良住宅の基準をクリア:ウッドフレンズの住宅は耐震性や耐久性、断熱性など、長期優良住宅の基準を満たしています。
    長期優良住宅に認定されると、住宅ローン減税や登録免許税、不動産取得税、固定資産税など、さまざまな税制面での優遇措置を受けることが可能です。
  • 良質な木材を使用:ウッドフレンズの住宅では、土台や柱、横架材などに国産ひのきを使用しています。
    香りが良く、リフレッシュ効果も期待できます。
    さらに、無垢フローリングや羽目板も使用されています。
  • 優れたコストパフォーマンス:ウッドフレンズの住宅は、坪単価が40万円〜60万円程度と比較的安価ですが、耐震性や耐久性、断熱性などが高く、コストパフォーマンスの優れた住宅を提供しています。
    材料の直接仕入れや自社工場での製材・加工などを行うことで、コストを削減しています。
  • 土地探しもサポート:ウッドフレンズでは、注文住宅や分譲住宅に加えて、土地情報も提供しています。
    土地から探している場合でも相談が可能で、希望条件に合った土地が見つかるかもしれません。

ウッドフレンズで家を建てるデメリット

  • 自由度は高くない:ウッドフレンズの注文住宅は、用意されている間取りプランから選択が必要なセミオーダータイプです。
    そのため、間取りの自由度はあまり高くありません。
  • 保証期間が短い:ウッドフレンズは、最長30年の保証システムを提供しています。
    最初の保証期間は10年間であり、有償メンテナンスを受けることで最長30年まで延長することができます。
    ただし、一部のハウスメーカーでは最長50年〜60年の保証が提供されており、それらと比較すると、保証期間は短めです。
  • 対応エリアが限定的:一部のハウスメーカーは全国展開していますが、ウッドフレンズのサービスエリアは愛知県、岐阜県、三重県に限定されています。
    そのため、ウッドフレンズでのマイホームを検討していても、エリアによっては対応が難しい場合があります。

ウッドフレンズの会社概要

  • 会社名:株式会社ウッドフレンズ
  • ブランド名:ウッドフレンズ
  • 設立:昭和57年11月26日
  • 資本金:279,125,000円
  • 代表:林 知秀
  • 従業員数:189名(290名)※()内は関連会社を含む社員数
  • 住所:名古屋市中区栄四丁目5番3号 KDX名古屋栄ビル2F
  • 問い合わせ先:052-249-3503
  • 公式HP:https://www.woodfriends.jp/

結論:ウッドフレンズは買うべき?やめた方がいい?

ウッドフレンズは、愛知県などでコストパフォーマンスの高いハウスメーカーを探している方におすすめです。

坪単価は40万円〜60万円程度とハウスメーカーの中では比較的安価で、耐震性や断熱性などが優れています。

また、国産ひのきを土台や柱、横架材に使用するなど、良質な木材を採用しています。

そのため、ウッドフレンズは魅力的な選択肢の一つとなるでしょう。

ただし、ウッドフレンズを選ぶ前に他のハウスメーカーと比較することが重要です。

複数社を比較することで、自身のニーズに合ったハウスメーカーを見つけることができるかもしれません。

マイホームは高額な買い物なため、慎重な検討が必要です。

まとめ

この記事では、ウッドフレンズの良い評判や悪い口コミ、坪単価、メリット・デメリット、アフターサポートなどについて解説しました。

ウッドフレンズには、「断熱性が高い」「コストパフォーマンスが優れている」といった良い評判や、「性能に不満がある」「設備に高級感がない」といった悪い口コミがあります。

ウッドフレンズの坪単価や特徴、保証、口コミ・評判などを総合的に考慮して判断することが重要です。

その上で、ウッドフレンズに興味を持っている方は、ぜひこの機会にモデルハウスの見学を検討してみましょう。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /